TOP > 試合結果個別

【HEAT】セーハスが左フック一撃で将暉をKO、新王者に輝く

2020/01/19(日)UP

セーハスが衝撃KO勝利で新王者に

HEAT事務局・志村道場・日本拳法同心会館
『HEAT46』
2020年1月19日(日)東京・ニューピアホール

▼第5試合 HEATキックルールライト級タイトルマッチ 3分5R
●将暉(RKS顕修塾/暫定王者)
TKO 2R 1分0秒 ※左フック
○ヘンリー・セーハス(ボリビア/ブラジリアン・タイ/挑戦者)
※セーハスが王座を獲得

 1R、サウスポーの将暉へセーハスがストレートを伸ばす。将暉は足を使い距離を保ち、右ジャブ、右ローで様子をうかがう。セーハスは積極的に手を出していくが、将暉をロープに詰めて放った右ヒザが下腹部に当たり一時中断。再開後も手数を止めないセーハスは左右のフックから右ヒザを突き上げる。
 ガードを固めた将暉は打ち合いに応じるも、再びセーハスの右ヒザがローブローとなり中断。しかしこれはすぐに再開となる。再開後は長距離から将暉が左ストレート、左三日月蹴りでセーハスを攻め、セーハスの右フックに合わせた左ストレートがカウンターで浅くヒットする。

セーハスの左がヒット

 2R、変わらず前進しパンチを振るうセーハス。将暉は落ち着いて迎え撃っていたかに見えたが、飛び込んで放ったセーハスの左フックが将暉のアゴを打ち抜きダウン。ロープにもたれかかりながら立ち上がる将暉だったが、ふらつく様子を見たコーナーからタオルが投げ込まれると同時にレフェリーが抱きかかえストップ。セーハスが衝撃的なKO劇で王座を奪取した。

 セーハスはマイクを握ると「HEATのベルトは僕がずっと欲しいと思っていました。
なぜかというと、HEATのミドル級チャンピオンだった(ダニロ・)ザノリニ先生に憧れていたからです。いつかチャンピオンになりたいと言っていたのが叶いました」と興奮気味に告白。そして「これからもHEATのベルトをキープして、ザノリニ先生と同じISKAのベルトを狙います」と新たな目標に向かうことを高らかに宣言した。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・レジェンドのアーツ&バンナが前日計量「戦友としての絆がある」(アーツ)

・【ボクシング】ロマゴンの世界戦が決定、相手は井上尚弥と対戦が期待された無敗の王者ヤファイ

・【ONE】ロッタン、那須川天心とONEで再戦希望「ずっと想い描いている」

・【KNOCK OUT】2.11大田区大会、青山ひかる&“グラビア界の問題児”らラウンドガール4名が登場

・“流血のマドンナ”鈴木万李弥とJ-GIRLS王者・浅井が前日計量パス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別