TOP > 試合結果個別

【KNOCK OUT】バズーカ巧樹が玉砕覚悟の橋本悟を完封、準決勝へ

2020/02/11(火)UP

ブシロードファイト
『テレ・マーカー Presents KNOCK OUT CHAMPIONSHIP.1』
2020年2月11日(火・祝)東京・大田区総合体育館

▼第1試合 無法島GP トーナメント一回戦1 64kg契約 BLACKルール 3分3R(延長1R)
○バズーカ巧樹(菅原道場)
判定3-0 ※三者とも30-26
●橋本悟(橋本道場)

 64kg級の1DAYトーナメント『無法島Presents KNOCKOUT 64kg Grand Prix』1回戦。強打を武器とするMA日本スーパーライト級王者・バズーカ巧樹と、ベテランの激闘派・第2代INNOVATIONライト級王者・橋本悟の対決。

 1R、ゴングと同時にバズーカがジャンプしての右ミドルキックで襲いかかる。橋本は勢いに負けずにパンチ連打で応戦。バズーカは威勢の良い開始とは裏腹に、冷静にロー、ミドルで様子を見る。オーソドックス、サウスポーと構えを変え、それぞれの奥手でカウンターを狙うバズーカ。橋本も冷静に応戦するも、時折被弾し鼻の上が切れ、血が流れる。

 2R、バズーカが長いリーチを活かして、ハイキックをヒットさせる。橋本は手数を増やして、詰めてフック連打からのロー。互いのフックで被弾しあう場面も。バズーカが右バックハンドを出すと、橋本にヒット。橋本にダメージは無いようだが、被弾が多い。

 3R、バズーカの左ハイで一瞬橋本の動きが止まる。ミドル、ハイを蹴るバズーカに入れない橋本だが、強引に中に入ろうとする。そこへオーソドックスのバズーカが、右ストレートからの追い打ちの左でダウンを奪う。

 橋本は立ち上がり、果敢に向かうも左ハイなどを被弾。倒すしか無い橋本が、被弾しながらも至近距離で打ち合いに行くと、橋本のフック連打がバズーカにヒット。バズーカは嫌がったのかラスト30秒はミドル主体で下がって、ゴング。
 3R通して有効打を入れ続けたバズーカがフルマークで勝利し、準決勝へ進んだ。

●編集部オススメ

・【KNOCK OUT】全試合結果=2020年2月11日

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別