TOP > 試合結果個別

【KNOCK OUT】鈴木千裕が、与座優貴に起死回生のヒザ蹴りで逆転勝利

2020/02/11(火)UP

ブシロードファイト
『テレ・マーカー Presents KNOCK OUT CHAMPIONSHIP.1』
2020年2月11日(火・祝)東京・大田区総合体育館

▼第4試合 無法島GP トーナメント一回戦4 64kg契約 BLACKルール  3分3R(延長1R)
○鈴木千裕(クロスポイント吉祥寺)
判定2-0 ※29-28、28-28、29-28
●与座優貴(橋本道場)

 64kg級の1DAYトーナメント『無法島Presents KNOCKOUT 64kg Grand Prix』1回戦。互いにキックでは無冠ながら、鈴木は総合格闘技のパンクラスで新人王、与座は極真空手世界ウエイト制王者とバックボーンに自信を持つ。

 1R、鈴木がゴング開始でいきなりパンチラッシュを仕掛ける。組んでヒザまで放つ鈴木。与座はガードを固め、距離が空くとミドルを入れる。前半1分を過ぎると、与座のロー・左ミドルが次々とヒット。鈴木の腕。脇腹が赤い。与座のハイキックからの後ろ蹴りが鈴木の腹にまともに入る。

 2R、出てくる鈴木を変わらず与座のミドル、ローが襲う。与座は鈴木のパンチを見切ったか、前後左右に滑らかにかわしてはショートのパンチを返す。与座の前蹴りが鈴木の顔面にモロにヒット。鈴木が単発パンチの後、組みに行く展開が目立つ。

 3R、流れに乗ったかに見えた与座だったが、鈴木の右ストレートがついに与座をとらえる。与座は落ち着いてガードし、下がりながら距離を取るが、鈴木がパンチから組んで上段ヒザ蹴り一閃。与座が崩れ、ダウン。

 立ち上がってガードを固めた与座に鈴木が襲いかかり、与座は防戦一方。しかし鈴木も打ちながらもスタミナが限界か、フラフラだ。30秒ほどで与座が復活し、スーパーマンパンチからハイキックと大技での攻めを取り戻す。与座の胴回し回転蹴りが、ガードの上から鈴木にヒットする場面も。ゴングが鳴ると、両者出し尽くしたか、ロープに抱きつき動けない。
 判定は2-0で3Rにダウンを取った鈴木が勝利した。

●編集部オススメ

・【KNOCK OUT】全試合結果=2020年2月11日

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別