TOP > 試合結果個別

【KNOCK OUT】西岡蓮太が決勝に進出、ロー狙いのパンチャー・鈴木千裕を振り切る

2020/02/11(火)UP

ブシロードファイト
『テレ・マーカー Presents KNOCK OUT CHAMPIONSHIP.1』
2020年2月11日(火・祝)東京・大田区総合体育館

▼第10試合 無法島GP トーナメント 準決勝戦 2 64kg契約 BLACKルール  3分3R(延長1R)
○西岡蓮太(龍生塾)
判定3-0 ※30-29、30-29、30-28
●鈴木千裕(クロスポイント吉祥寺)

 互いに一回戦で激闘を繰り広げた両者。西岡は小川翔と延長線に渡る打ち合いを繰り広げ、鈴木も与座優貴とのパンチvs蹴り対決に最後は出し切った様子に。

 1R、互いにローを蹴り合う立ち上がり。鈴木が緩急をつけ、いきなり右ストレートを放つ。西岡は冷静にスウェー。前戦で西岡にローのダメージがあったと見たか、ローを蹴り続ける鈴木。互いに左フックで相打ちの場面も。ニヤリと笑う両者。

 2R、鈴木は自慢のパンチを温存して、ロー狙いを変えない。しかし接近するとパンチを振り回す鈴木。西岡は1Rより前に出ず、隙をうかがっているか。
 ラスト30秒、西岡が一気に距離を詰め、右ストレートをヒット。しかし鈴木もクリンチすると、一回戦で与座をダウンさせたヒザ蹴りを突き上げる。互いに決め手なく2Rも終了。

 3R、両者ともリズムを早めて距離を詰めたパンチの打ち合いに。鈴木が飛び込みのストレート、バックハンドとパンチャーの本領を発揮しはじめる。鈴木が組みに来ると西岡がシュートボクシングで培った投げで応戦、しかし鈴木も負けん気でタックルし投げにかかる。
 鈴木はパンチを一息終えると、スタミナが切れてきたか、上半身をフラつかせクリンチに行く印象。ラスト30秒、互いに乱打気味のフックで打ち合うも、両者リーチやスタイルが似ているせいかクリーンヒットは無し。

 判定では体幹の崩れも無く、最後まで冷静的確にポイントを取りに行った西岡に旗が上がった。

●編集部オススメ

・【KNOCK OUT】全試合結果=2020年2月11日

・ぱんちゃん璃奈が計量パス、接戦の祥子との再戦に「本当に自信がある」

・漫画『無法島』作者「更に賞金増やす」、選手は無法島GPに生き残りかけ意気込み

・[一回戦]西岡蓮太がタフガイ・小川翔との延長に渡る打ち合いを僅差で制する

・[一回戦]鈴木千裕が、与座優貴に起死回生のヒザ蹴りで逆転勝利

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別