TOP > 試合結果個別

【RIZIN】サトシ、柔術マッチで中井祐樹チームを5人抜き、RIZIN王座奪取をアピール

2020/02/22(土)UP

柔術エキシビションマッチはサトシ(左から3番目)が中井祐樹チームに勝利

RIZIN FIGHTING FEDERATION
『RIZIN.21』
2020年2月22日(土)静岡・浜松アリーナ

▼第5試合​ 柔術エキシビションイリミネーションマッチ​
〇ホベルト・サトシ・ソウザ(ブラジル/ボンサイ柔術)​
一本 8分4秒​(中井チーム5人を10分以内に極められたらサトシの勝利)
●中井祐樹・エジソン篭原・重水浩次・品川祐・木村由菜(チーム中井)​

女子中学生でプロ柔術世界ジュニア優勝の木村由菜が果敢にソウザに挑む

 柔術世界選手権を4度制したソウザを相手に行われる柔術エキシビションイリミネーションマッチ。10分以内にサトシが5人から一本を奪えばサトシの勝利、そうでなければチーム中井の勝利となる。​ソウザは10分以内に日本柔術界の第一人者でレジェンドの中井に辿り着けるか注目された。

 1人目は女子中学生の木村由菜。アブダビワールドプロ柔術世界大会のジュニア52kg級優勝の実績がある。

サトシがパラ柔術家の重水浩次を腕十字で極める

 その木村はソウザにジャンピングガードを仕掛ける。しかしソウザは倒れず、両足を回してパスガード。そこからすぐにマウントポジションに移行し、スムーズにバックへ移行するとスリーパー。まず一本を奪う。​

 続いてのパラ柔術家・重水浩次はタックルはロールしての足関を仕掛ける。

サトシvsエジソン篭原

 サトシはこの足の取り合いに応じ、再びバックにつくと今度は腕十字。重水の右腕を伸ばして腕十字を極め勝利した。​

 3人目は世界選手権ライトフェザー級で優勝の経験があるエジソン篭原にサトシはアームドラッグから今回もバックにつき、エジソンの襟と足を掴んで絞めを極め、ここもまた一本勝ちを決める。​

品川を引き込むソウザ(左)

 4人目の品川祐はテイクダウンを仕掛けるなど健闘を見せるが、サトシは側転パスからマウントを奪って上から三角絞めを極め、一本勝ち。いよいよ大将の中井祐樹を引きずり出す。​

 サトシは引き込んでフックスイープを狙うが中井がこらえる。立ち上がったサトシに中井はサイドから組みつきテイクダウンせんとするが、逆にサトシが中井の足を払いテイクダウン。

大将の中井は序盤ペースを掴んだかに思われた

 サトシはそこから膝十字、アームロックと連続での攻め。中井はこれをこらえるが、サトシは三角絞めでとらえ、中井はポイントをズラしてこらえたが、サトシは絞めを強め5つ目のタップを奪って勝利した。​

 勝利したサトシは「柔術面白い、パラの人も有名人も、レジェンドもできる」と柔術の魅力をアピールした。

サトシは三角絞めで中井から一本を奪った

 そして「ごめんね、みんな10月の試合負けた。ごめんね、RIZINのベルトがいま日本にない。でも私は諦めない、いつも応援ありがとう。RIZINのベルト絶対日本に戻る。いつもありがとう、みんな!」と誓った。
 ソウザはRIZIN2勝1敗、​柔術の極めの強さでRIZIN(MMAルール)の王座獲得を目指す。

●編集部オススメ

・この大会の全試合結果・写真・レポート

・芸人・品川祐が中井祐樹チームで参戦、柔術世界王者サトシ・ソウザと対決

・【RIZIN】2.22 テレビ、ネット配信スケジュール=浜松大会

・朝倉未来「浜松によく喧嘩で来ていた」サラス「同じメンタル、嬉しい」

・関根”シュレック”秀樹、打撃のマルティネスに、出るか必殺ジャーマン=前日計量

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別