TOP > 試合結果個別

【RIZIN】マルコス・ヨシオがパウンドで歓喜のKO勝利

2020/02/22(土)UP

柔術家のマルコスが打撃で1RKO勝利

RIZIN FIGHTING FEDERATION
『RIZIN.21』
2020年2月22日(土)静岡・浜松アリーナ

▼第7試合​
スぺシャルワンマッチ RIZIN MMAルール : 5分 3R(79.0kg)※肘あり​
〇マルコス・ヨシオ・ソウザ(ブラジル/ボンサイ柔術)​
KO 1R ※パウンド​
●ファルコ・ネト(ポルトガル/Kleber Team)​

 昨年のRIZIN初参戦では中村K太郎に苦杯を喫したマルコスは、今大会で雪辱の勝利を期する。対戦相手はマネル・ケイプの練習パートナーで兄貴分であるネト。​

 1R、両者オーソドックスで、互いの組みと打撃を警戒して見合う。ネトが鋭いジャブを飛ばすが、マルコスはこれにかぶせた右フックを効かせる。前に出たマルコスをネトが組んで押さえテイクダウンしたが、マルコスはすぐにフックスイープ。上を取ると即座に鉄槌・パウンドと強打を振るい、RIZIN第2戦を勝利した。​

 歓喜のマルコスはマイクを取り「みなさん、サポートいつもありがとうございました。すごく嬉しい。弟、私の家族ありがとうございます。RIZIN、榊原社長、本当ありがとうございます」と会場に多く駆けつけた応援団とともに勝利を喜んだ。

●編集部オススメ

・この大会の全試合結果・写真・レポート

・サトシ、柔術マッチで中井祐樹チームを5人抜き、RIZIN王座奪取をアピール

・朝倉海トークショーが2.23開催決定、前日の激闘の分析にも期待

・朝倉未来「明日はKOする」サラスと約15秒の危険な睨み合い=前日計量

・朝倉未来「浜松によく喧嘩で来ていた」サラス「同じメンタル、嬉しい」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別