TOP > 試合結果個別

【RIZIN】ビクター・ヘンリー、日本裏最強の金原正徳にパンチ炸裂させTKO勝利

2020/02/22(土)UP

ヘンリーの右ストレートが金原のアゴを直撃、パウンドにつなげTKO勝利した

RIZIN FIGHTING FEDERATION
『RIZIN.21』
2020年2月22日(土)静岡・浜松アリーナ

▼セミファイナル第9試合​
スぺシャルワンマッチ RIZIN MMAルール : 5分 3R(61.0kg)※肘あり​
〇ビクター・ヘンリー(アメリカ/UWF USA)​
TKO  2R 0分45秒 ※パウンド連打​
●金原正徳(リバーサルジム立川ALPHA)​

 様々なファイターから最強説を囁かれる金原がRIZIN初参戦。所英男、上田将勝、大塚隆史、元谷友貴といった実力者を降してきた日本人キラーでありRIZINでもタイトル戦線を狙うビクターと対戦する。​​

 1R、試合は両者オーソドックスでまず打撃戦で進む。身長・リーチでまさる金原にビクターはローを入れていく。金原は距離感をはかっていたか、ラウンド中盤からジャブを入れ始める。そしてそこからタックルで組み付きテイクダウン。

1R終盤にバックチョークを仕掛けるがヘンリーは耐え抜いた

 金原はプレッシャーを掛けてパスを仕掛け、ビクターが逃れんとするとバックに回る。そしてビクターの胴を4の字ロックでとらえると鉄槌とパンチを打ち込みスリーパーを狙う。だが、ここはビクターが守り切って初回を終える。​

 2R、ビクターの蹴りをさばき金原はタックルから組みつくが、ビクターは初回のようにはグラウンドへ展開させない。そして金原が右ストレート、左フックと振るって出るがビクターはこれをかわした直後に右ストレート。これを効かすとさらに右ストレートを追加して金原を打ち倒し、倒れたところをパウンドで襲い勝利を決めた。​

ダウンを奪い、パウンドで追い打ちをかけるとレフェリーが試合を止めた

 勝利したビクターは「私にとって一人のヒーロー、英雄でした」と金原を称え、「RIZINはこれが2戦目でしたが、1戦目はサブミッションで一本勝ち、2戦目はTKOでヒーローだと思ってきた相手に勝つことができました。ぜひタイトル戦を望みます」と王座挑戦を希望した。

●編集部オススメ

・この大会の全試合結果・写真・レポート

・金原正徳「調整は絶好調」ビクター・ヘンリー「ハードな試合覚悟」

・【RIZIN】マルティネスが怒涛のラッシュで関根”シュレック”秀樹をTKOに下す

・【RIZIN】“まさかりチョーク”炸裂、金太郎がRIZIN初陣で失神一本勝ち

・【RIZIN】2.22 テレビ、ネット配信スケジュール=浜松大会

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別