TOP > 試合結果個別

【DEEP JEWELS】川村虹花が1RKO勝ち「地下アイドル魂見てください」

2020/02/24(月)UP

気迫のこもったキックを蹴り込む川村虹花

DEEP事務局
『DEEP JEWELS 28』
2020年2月24日(月・祝)東京・ニューピアホール

▼第4試合 DEEP JEWELS 49㎏以下 5分2R
○川村虹花(仮面女子)
TKO 1R 2分56秒 ※パンチ連打
●坂本美香(Fight Holic)

 川村は最強地下アイドルの異名を持つアイドルグループ「仮面女子」のメンバー。前回は永尾音波と19-19の接戦を演じたが、ハイキックによるダウンが影響しマスト判定で敗北。現在3連敗中と苦しい道程にある中、2018年12月以来の勝利を目指す。

 対する坂本は昨年9月に古瀬美月を相手にプロデビュー。1RにTKOで敗れるも、真っ向から殴り合いに挑んだ気の強さを持つ。

 川村の右ローに坂本が右ストレートを合わせる。被弾も構わず川村がまっすぐパンチを打ちながら坂本をケージに押し付け、ガードの上から構わずパンチを振り下ろし、組めばヒザをボディに突き上げる。

川村(下)が防戦一方になる場面も

 ケージ際に押し込められながらも、足を掛けグラウンドに持ち込んだのは坂本。マウントポジションからハーフガードに移行しながらパウンドを連打。下になった川村は防戦一方になるも、坂本の腰を蹴り上げ突き放し、その隙に立ち上がる。

 スタンドに戻った川村は、踏み込みながら放ったオーバーハンド気味の右フックをヒットさせると、そのまま左右ストレートを連打。右がヒットし動きが止まった坂本にさらに連打を浴びせたところでレフェリーが試合をストップ。川村が2018年12月以来の勝利を勝ち取り、苦しい3連敗から脱出した。

 川村はマイクを握ると「去年全部負けてしまって、悔しい思いをしてきました。辛い時もありましたけど、ここからまた這い上がっていこうと思います。地下アイドル魂見てください」と喜びの声を上げた。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・川村虹花がマスト判定に散る、ハイキックでのダウン響いたか=2019年10月

・仮面女子・川村虹花が計量パス、連敗脱出かけ1Rフィニッシュ宣言

・ミクロ級王者決定トーナメント新設、戦う美人ママ佐藤絵実、古瀬美月、玉田育子ら参戦

・KINGレイナが階級上げ、計量失敗からの復帰戦が決定

・生まれ変わったKINGレイナ「新しいKINGレイナを見てもらう」=前日計量

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別