TOP > 試合結果個別

【K-1】城戸康裕がハイキック一閃、強豪ペイルスを2Rで葬る(動画あり)

2020/03/22(日)UP

城戸がKO勝利で悲願のベルト獲得へ前進

K-1実行委員会
『K-1 WORLD GP 2020 JAPAN~K’FESTA.3~』
2020年3月22日(日)さいたまスーパーアリーナ

▼第3試合 K-1 WORLD GP第3代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント・一回戦(3)/3分3R・延長1R
○城戸康裕(日本/谷山ジム)
KO 2R 1分54秒 ※左ハイキック
●ミラン・ペイルス(スロバキア/Diamond gym Zilina)

 第3代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメントの一回戦。12年ぶりとなる日本人による70kg王座奪取を悲願とする城戸が、オランダから訪れた強豪・ペイルスと拳を交える。

城戸のハイキックがヒット

 1R、変速的な構えからサウスポーにスイッチする城戸へ、ペイルスは強いプレッシャーから強烈な左右のパンチを振るう。城戸の左ローがローブローとなるアクシデントがあったが、ペイルスのプレッシャーは弱まらず前進。城戸は下がりながらコツコツと右奥足にローキックを積み重ねる。

 2R、ペイルスがスイッチを見せる中、城戸は前進するペイルスに合わせてバックブロー。ペイルスは前進し左右フックを振るい城戸のガードの隙間からヒットさせるが、引きつけた城戸が左ハイキックをヒット。足下がぐらついたペイルスに城戸は一気に距離を詰めたが、ペイルスが強烈な左ストレートで城戸を押し返しスリップさせる。

城戸のハイキック一撃でペイルスがダウン

 立ち上がった城戸は再び距離を詰め、再び左ハイキックを見せるとまたもクリーンヒット。今度はたまらずマットに沈んだペイルスを見たレフェリーは即座に試合をストップ。城戸が悲願のベルト奪取に向け1回戦を勝ち進んだ。

☆この試合の全結果速報はこちら

▼城戸のこの試合の動画

●編集部オススメ

・37歳・城戸康裕“アラフォーパワー”でトーナメント優勝目指す、決勝は木村ミノルと対決予想=前日計量

・城戸康裕、魔裟斗以来の70kg級日本人王者を目指してトーナメント参戦「獲れそうですよね」

・城戸康裕「許されちゃダメ」とドーピング検査導入を主張、3月は70kgトーナメント開催希望

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別