TOP > 試合結果個別

【K-1】野杁正明がISKA王者メヒアを完封も、決め手ない勝利に不満の表情

2020/03/22(日)UP

ISKA王者にフルマークの判定勝利を収めた野杁

K-1実行委員会
『K-1 WORLD GP 2020 JAPAN~K’FESTA.3~』
2020年3月22日(日)さいたまスーパーアリーナ

▼第11試合 スーパーファイト/K-1ウェルター級/3分3R・延長1R
○野杁正明(日本/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)
判定3-0 ※30-28、30-29、30-28
●ダビド・メヒア(スペイン/Gimnasio Formas)

 K-1 WORLD GPスーパー・ライト級、Krushウェルター級といったタイトルを総なめにしてきた野杁は、本来春に海外遠征を予定していたが、調整がつかなかったため急きょ本大会への出場が決まった。中国のクンルンファイト・武風林で活躍するISKA王者メヒアに勝利し、K-1ウェルター級王座への挑戦者に名乗りを上げたい。

 1R、リングの中央にゆったりと構える野杁は、ノーモーションの左ハイでプレッシャーをかける。メヒアの入りに合わせパンチ連打から強烈な左ボディを突き刺す野杁。メヒアは左ミドルから左右フックを見せるが、野杁の攻撃を受けるたびにメヒアの体が後ろにはじかれる。

ボディにパンチを打ち込む野杁

 2R、ガードを固め体ごと押し込む野杁は、至近距離でボディブローを連打。パンチを受けるメヒアも負けじと野杁のガードの上から左右フックの連打を浴びせる。中盤からメヒアが距離を取り、大振りの右ロー、左ジャブから右ストレートと長距離砲を多用する。

 3R、左ジャブから右ローの対角線コンビネーションを打ち込むメヒア。ジリジリと距離を詰め、至近距離で太ももへヒザ蹴りを打ち込む野杁は、足を止めガードを固めるメヒアに左右フック連打、左フックをテンプルにたたき込む。野杁はガードを固めるメヒアに右ボディ、コーナーに詰め左右フック連打から顔面へのヒザを浴びせるもクリーンヒットは無く、明確なダメージを与えられないまま試合終了。終始ペースを握り続けた野杁がジャッジ3者の支持を受け勝利を収めたが、満足のいかない野杁は勝ち名乗りに首をかしげた。

☆この試合の全結果速報はこちら

●編集部オススメ

・野杁正明、ISKA王者メヒアにKO宣言、目指すピケオーへのリベンジと2階級制覇

・城戸康裕がハイキック一閃、強豪ペイルスを2Rで葬る(動画あり)

・和島大海が緊急代打のムエタイ三冠王をローでKO、トーナメント1回戦は全てKO決着に

・”特攻”神保克哉の桜散る、世界王者ロープスが2RKO勝利で木村の待つ準決勝へ

・木村ミノルが海斗を粉砕、2ダウン奪いTKO勝利でトーナメント発進(動画あり)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 試合結果個別