TOP > 試合結果個別

【K-1】木村ミノルが62秒で失神KO勝利、決勝戦へ駒を進める

2020/03/22(日)UP

木村(右)の右フックで、大きく倒れ込んだロープス(左)。木村が62秒KO勝利で決勝進出を決めた

K-1実行委員会
『K-1 WORLD GP 2020 JAPAN~K’FESTA.3~』

2020年3月22日(日)さいたまスーパーアリーナ(メインアリーナ)

▼第12試合 K-1 WORLD GP第3代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント・準決勝(1)/3分3R・延長1R
○木村“フィリップ”ミノル(ブラジル/K-1ジム五反田チームキングス)
KO 1R 1分2秒 ※右ストレート
●エダー・ロープス(ポルトガル/Jazzy Fight Club K.O Team)

強烈な左を打ち込む木村

 一回戦で海斗を1RKO勝利に下した豪腕・木村と、神保克哉を2Rに右フックで仕留めた世界王者・ロープスが対決。

 1R、ロープスは様子見のローキックを放つ。木村が大きく踏み込み単発の左フックを放つとヒット、ロープスが驚いたように一瞬動きを止める。蹴り主体のロープスだったが、木村の単発フルスイングパンチに応戦。

この右ストレートがクリーンヒットしKO勝利した

 ふと一瞬間が空いた時に、木村がまたも大きく踏み込んでから今度は右ストレート。クリーンヒットし、ロープスは糸が切れたように後ろへ倒れこみ失神。レフェリーがすぐさま試合を止め、木村がKO勝利を決めた。

 木村は1回戦、準決勝戦ともに1RKO勝利。ほぼ無傷と思われるままで決勝へと駒を進めた。

☆この試合の全結果速報はこちら

●編集部オススメ

・[1回戦]木村ミノルが海斗を粉砕、2ダウン奪いTKO勝利でトーナメント発進(動画あり)

・木村ミノル「パンチを究極に仕上げた」夢は2階級制覇とラスベガス戦

・37歳・城戸康裕“アラフォーパワー”でトーナメント優勝目指す、決勝は木村ミノルと対決予想=前日計量

・[1回戦]城戸康裕がハイキック一閃、強豪ペイルスを2Rで城戸康裕がハイキック一閃、強豪ペイルスを2Rで葬る(動画あり)

・木村ミノル、格闘技のきっかけ貰った父親に「どこかで見てくれている」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別