TOP > 試合結果個別

【K-1】武尊が圧倒的な攻撃力でムエタイ戦士を圧倒、代打のペッダムを2R粉砕KO(動画あり)

2020/03/22(日)UP

武尊が怒涛の連打でKO勝利

K-1実行委員会
『K-1 WORLD GP 2020 JAPAN~K’FESTA.3~』

2020年3月22日(日)さいたまスーパーアリーナ

▼第19試合 【株式会社フュディアルクリエーション Presents】スーパーファイト/K-1スーパー・フェザー級/3分3R・延長1R
○武尊(日本/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)
KO 2R49秒 ※パンチ連打
●ペッダム・ペットギャットペット(タイ/ペットギャットペットジム)

 武尊は前人未踏のK-1三階級制覇を果たしたK-1の絶対的エース。圧倒的な爆発力からKOを量産する姿から“ナチュラル・ボーン・クラッシャー”の異名を持つ。今回ISKA世界ライト級王者アダム・ブアフフとのK-1&ISKAのダブルタイトルマッチに臨む予定だったが、ブアフフが新型コロナウィルスの影響で来日不可となったため、急きょ対戦相手が変更されている。

 代打で出場するペッダム・ペットギャットペットは元タイ国BBTVスタジアム認定フェザー級王者。140戦ものキャリアを持ち、前に出る気持ちの強さが売りだという。

武尊が連打にペッダムが前蹴りで突き放そうとする

 1R、武尊が速い左のインローキック、左前蹴りで圧力をかけるとペッダムも左ローで応戦。右ストレートから左ローとコンビーネーションを放つが、武尊は距離を保ちヒットさせない。

 素早い左のインローをダブル、トリプルで放ちペッダムの意識を下に寄せ、右フックをテンプルに当てるとペッダムがストンと崩れ落ちるようにダウン。ペッダムが立ち上がったところでラウンド終了のゴングが鳴る。

武尊がこの打ち下ろしの右でKO勝利

 2R、ペッダムが右ストレート、右ハイキックと強い攻撃を繰り出す。プレッシャーを懸け前進するペッダムに向け放った武尊の右ストレートがペッダムの左側頭部を捉えると、ペッダムの動きが止まる。その隙を見逃さない武尊はパンチを上下に打ち分け、ペッダムをロープに釘付ける。最後はボディから右フックの打ち下ろしをヒットさせ、ペッダムはゆっくりダウン。カウントも取らずレフェリーは即座に試合をストップし、武尊が圧倒KO勝利を見せた。

☆この試合の全結果速報はこちら

▼この試合の動画1Rダウンシーンあり(2RからアベマTVに1クリックで行けます)

●編集部オススメ

・武尊が計量パス、対戦相手の急遽変更にも「最高の試合をして必ずKO」と勝利宣言

・武尊が前回とは比べ物にならない仕上がり、実戦感覚と攻撃のバリエーションが鍵

・武尊「片っ端から世界王者を倒していく」=3.22 K-1 & ISKA タイトル戦

・武尊の対戦相手変更で試合順も変更、メインはスーパー・ウェルター級T決勝戦

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別