TOP > 新着情報写真記事 > 試合結果個別

【K-1】木村ミノルが、トーナメント全試合1RKO勝利で王座戴冠「魔裟斗さんに続く選手になりたい」(動画あり)

2020/03/22(日)UP

木村がまたしても1RKO勝利でトーナメント制覇、スーパー・ウェルター級王座に就いた

K-1実行委員会
『K-1 WORLD GP 2020 JAPAN~K’FESTA.3~』
2020年3月22日(日)さいたまスーパーアリーナ

▼第20試合 K-1 WORLD GP第3代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント・決勝戦/3分3R・延長1R
○木村“フィリップ”ミノル(ブラジル/K-1ジム五反田チームキングス)
KO 1R 1分10秒 ※左フック
●和島大海(日本/月心会チーム侍)
※木村が第3代スーパー・ウェルター級王者に

木村のパンチで和島が大の字に倒れる

 木村は一回戦で海斗を、準決勝戦でエダー・ロープスをどちらも1RKOで下し、決勝へと上り詰めた。
 対する和島は一回戦では緊急参戦の三冠王・アワターンにKO勝利、準決勝戦では37歳の大ベテラン・城戸康裕をねじ伏せ判定勝利で上がってきた。

 両者は昨年3月『K’FESTA.2』で対戦し、木村が左フックで1RKO勝利している。木村が再び豪腕に物を言わせ、念願の王座を戴冠するのか、新星・和島が1年ぶりのリベンジを果たし、7戦目にしてK-1王座に就くのか。

王座戴冠した木村

 1R、和島の前足に、木村がローを放つ。和島は準決勝の城戸戦で、前足である右足にダメージを負っている。木村が踏み込んでの右フックを放つが、和島は落ち着いてガードを固める。臆せず前に出てパンチを繰り出す和島。

 見合った瞬間、踏み込んだ木村が左フックを叩き込む。即座にガードを上げた和島だが、ガードの上から効いたか、崩れ落ちる。
 立ち上がろうとする和島だが、立ち上がることが出来ない。即座にセコンドからタオルが投げ入れられ、木村のKO勝利が決定した。
 木村は今回のトーナメント全試合を1RKO勝利と衝撃の強さを見せつけた。また、9連続KO勝利の記録も更新した。

 第3代スーパー・ウェルター級王座のベルトを巻いた木村は、マイクで「このベルトが腰に巻かれるのが信じられないくらい、子どもの頃から夢でした。この階級で獲れたということが、誇りたい気持ちでいっぱいです。解説席にいらっしゃるレジェンドにはまだまだ届かないですけど、魔裟斗さんに続くような選手になれるよう頑張ります」と喜びいっぱいでコメントした。

☆この試合の全結果速報はこちら

▼この試合の動画(ダウンシーンあり)

●編集部オススメ

・【K-1】全試合結果=3月22日

・[準決勝]木村ミノルが62秒で失神KO勝利、決勝戦へ駒を進める

・[1回戦]木村ミノルが海斗を粉砕、2ダウン奪いTKO勝利でトーナメント発進(動画あり)

・武尊が圧倒的な攻撃力でムエタイ戦士を圧倒、代打のペッダムを2R粉砕KO

・久保優太がピケオーに日本人初勝利で3度目の防衛に成功(動画あり)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 新着情報写真記事 > 試合結果個別