TOP > 試合結果個別

【Krush】チャン・リーがアマエリート森川に打ち勝ち、Krush初勝利

2020/03/28(土)UP

森川の顔にパンチを打ち込むチャン・リー(右)

K-1実行委員会
『Krush.112』
2020年3月28日(土)東京・後楽園ホール

▼プレリミナリーファイト 第3試合 Krush女子アトム級/2分3R
○チャン・リー (K-1ジム五反田チームキングス)
判定3-0 ※三者とも30−28
●森川侑凜 (サポートスクールグレス)

 昨年3月まで神奈川県内の幼稚園の先生として勤務していたチャン・リーは今回から横須賀市のジムからK-1ジム五反田チームキングスの所属として試合に臨む。プロデビュー後18年9月からK-1グループに参戦。KHAOS.6で勝利したが、Krushでは19年7月に菅原美優、11月には優に判定負けし勝ちはなく連敗。今度こそ勝利を収めたいところ。
 対する森川は第8回K-1アマチュア全日本大会チャレンジBクラス女子-45kg優勝で、K-1 AWARDS 2019アマチュア最優秀選手に選ばれた実績を持つ。

 試合は編み込んだ青い髪を振り乱し、森川がパンチでアグレッシブに前に出る。チャン・リーは前蹴りで止め、逆にワンツー、右ミドルで自分のペースにする。両者打ち合いではチャン・リーが右ストレートのヒットで上回り、押していく。森川も左右フックを当てるが、チャン・リーの右ストレートのヒットが目立つ。  

 2Rも森川は左右のフックを荒々しく振るっていくが、やはりチャン・リーは前蹴りでストップし、右ストレートを打ち込んでいく。チャン・リーは接近戦ではボディへのヒザ、離れた距離では右ハイキックも繰り出していく。

 最終3R、チャン・リーは右ハイキックを当てるが、森川は怯まない。チャン・リーは左手を前に伸ばしており、これに邪魔され森川は左右のフックをクリーンヒットできない。森川が右フックを決めても、チャンはそこから反撃の右ストレート、右ハイと当て返す。

 判定は三者30-28でチャン・リー。移籍初戦、そしてKrush初白星を手にした。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・チャン・リーが笑顔見せ計量パス、移籍後初戦は「気持ち、闘い方で圧倒して勝つ」

・美女ファイターのチャン・リーがアマチュア最優秀の森川侑凜と試練の一戦

・美女ファイター・菅原美優とチャン・リーが計量パス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別