TOP > 試合結果個別

【Road to ONE】RIZINで引退した宮田和幸、元UFC田中路教を寝技力で寄せつけず

2020/04/17(金)UP

44歳の宮田(左)がグラップリングルールで元UFCの田中と10分戦い抜きドローに(C)Road to ONE Executive Committee

Road to ONE 実行委員会
『Road to ONE:2nd sponsored by ABEMA』
2020年4月17日(金)都内某所(無観客のため会場名非公開)

▼第2試合 Road to ONE グラップリング フェザー級10分1R(判定無し)
△宮田和幸(BRAVE GYM)
時間切れ引き分け
△田中路教(フリー)

(C)Road to ONE Executive Committee

 宮田はシドニー五輪に出場したレスリングレジェンドとしてHERO’S、DREAMで活躍した後、18年12月にRIZINで山本アーセンを一本勝ちで降して引退。

 今回はグラップリングルールで出場し、グアムの団体PXC王者を経てUFCに出場した日本バンタム級のトップファイター田中路教と対戦する。

田中の背後から4の字ロックにとらえる宮田(左)(C)ABEMA

 上半身裸で臨む田中は宮田を相手に臆せず組み合いを挑み、内股でテイクダウンを狙う。しかし宮田はこれをこらえ、左腕を田中の右脇に差して金網に押し込む。そこから背後に回って田中をグラウンドに持ち込む。

 宮田は背後から4の字ロックにとらえるが、田中は首を守って体を回し正対する。そしてパスを狙うが、宮田はガードでとらえて許さない。

(C)Road to ONE Executive Committee

 田中はならばと金網際まで宮田を運び、身動きさせづらくする。宮田はしかしそれでもパスを許さず、逆に下からオモプラッタ、アームロックしながらのスイープと狙う。

 だが田中は体勢を崩されてもすぐに戻してトップをキープ。側転も見せパスせんとする田中だが、宮田も反応・対応が速くクローズガードでとらえる。

(C)Road to ONE Executive Committee

 宮田は下から糸通しを見せバックをうかがうが、田中はその寸前で反応して許さない。田中は門脇チョークから腕十字と狙うが取り切れず時間終了のゴングとなった。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・【RIZIN】宮田和幸、山本アーセンに一本勝ちして引退=18年12月

・【Road to ONE】全試合順決定、青木真也vs世羅智茂の国内トップの寝技師対決がメイン=4.17 TVマッチ

・ホイス・グレイシーが世界に向けオンライン柔術指導、キレのあるスパーも披露(動画あり)

・【ONE】レディー・ガガら参加の”コロナ撲滅”音楽イベントとコラボ、アンジェラ・リー、ペトロシアン、DJなど王者クラスが共演

・世界も制した中村倫也がレスリング引退、総合格闘技へ転向

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別