TOP > 試合結果個別

【修斗】岡田遼、“投神”倉本一真を粉砕KOし咆哮「俺がチャンピオンだ!」念願の世界王者に

2020/05/31(日)UP

勝利し、ベルトを巻かれた岡田は万感の表情(C)SUSUMU NAGAO/SUSTAIN

サステイン
『プロフェッショナル修斗公式戦 PROFESSIONAL SHOOTO 2020 Vol.3 ABEMAテレビマッチ Supported by ONE Championship』
2020年5月31日(日)会場は非公表(テレビマッチのため)

▼メインイベント 第8試合 世界バンタム級暫定王者決定戦 5分5R
〇岡田 遼(パラエストラ千葉/同級1位、環太平洋王者)
KO 2R 3分2秒 ※左フック
●倉本 一真(修斗GYM東京/同級2位)

 岡田は、昨年1月にチャンピオン祖根寿麻(ZOOMER)を破り修斗環太平洋バンタム級王座を獲得。今年に入り更なるレベルアップを図るべく、元修斗バンタム級世界王者の堀口恭司(元RIZIN、ベラトール王者)が所属しているアメリカントップチームのトレーニングキャンプにも参加している。

倉本は序盤からタックルに行き、得意のジャーマン狙いか後ろにまわる(C)SUSUMU NAGAO/SUSTAIN

 対する倉本はレスリングで2012年〜2014年まで天皇杯全日本選手権グレコローマン60kg級3連覇を果たし、2013年と2014年には世界選手権の日本代表にも選ばれているレスリングエリート。2018年に修斗でデビューしてから、驚異のジャーマンスープレックスを武器に7戦全勝、投神の異名を持ち、昨年はMVPとベストバウトをダブル受賞した。

 現在、世界バンタム級王者は佐藤将光だが、昨年5月からONEチャンピオンシップに参戦し、スケジュールの調整が困難なことから今回、修斗31年の歴史で初の暫定王者決定戦が組まれた。勝利し、正規王者・佐藤将光との統一戦へ進むのは果たしてどちらか。

 1R、倉本は跳び前蹴りから組みつき、金網際で岡田に尻もちをつかせる。しかし立ち上がろうとすると倉本は得意のジャーマンを狙っているのかバックにまわる。岡田は右腕でフロントチョークを極めにかかるが、倉本はこれを耐えて頭を引き抜く。
 そして倉本はパスガードして袈裟固め。だが、岡田はここから立ち上がる。岡田が左ハイキックを見せると倉本は右、左とフックを返す。岡田は距離を取りジャブを伸ばす。倉本は左右フックからバックブローと繰り出すが、岡田はクリーンヒットさせない。

岡田の左フックがクリーンヒット、これで倉本がバッタリダウン(C)SUSUMU NAGAO/SUSTAIN

 2R、倉本は前に出て殴りつけるような右クロス。岡田はこれを警戒しバックステップして当てさせない。倉本はパンチを警戒させつつ、タックルで組みつきバックをうかがう。しかし離れると、岡田は倉本のバックブローの直後に右ストレート。これに大きなダメージを負った倉本を岡田は追っていき、さらに左フックを打ち込むと倉本はダウン。レフェリーは試合をストップし岡田が新王者となった。

 レフェリーが勝ち名乗りをあげたとき「俺がチャンピオンだ!」と岡田は叫ぶ。
 そしてマイクを持ち「いつか笑う日が来るからって背中を支えてくれて、ただの大学生だった俺をここまで育ててくれて、夢を叶えてくれてありがとうございます」と師匠の鶴屋浩代表に感謝。

(C)SUSUMU NAGAO/SUSTAIN

 続けて「人生悪い時ばかりじゃないです。いつかあの時は苦しかった、苦しかったけどって笑える日が来ると思います。師匠は、よく叶えたいことは口にして、言葉に出しなさいって言います。だから修斗の王者になりたいって言ってきました。一刻も早くお客さんがいっぱいの会場で修斗が、格闘技ができるようになればと思います。それを言葉に出して終わろうと思います。激戦区と言われるバンタム級でみんな俺に勝てないよ、なぜか? 彼らより俺が修斗を愛しているからだ!」と自身の思いを吐露し、大会を締めくくった。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・岡田遼が祖根寿麻を初回KO、新王座に就く(19年1月)

・格闘家たちに愛された水道橋ラーメン店が閉店「コロナに勝てず無念」

・倉本一真が驚異のジャーマン8発でTKO勝利(19年11月)

・[本日の試合]17歳・西川大和、終始主導権を握り初参戦で白星

・【テレビ】『UFC甦る名勝負選!』マクレガー、サンピエール、ブロック・レスナーら登場

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別