TOP > 試合結果個別

【Krush】高梨knuckle美穂がミニマム級初戦で勝利、MIOに対戦要求「大阪大会でやらせてほしい」

2020/06/28(日)UP

高梨(左)が階級アップ初戦で勝利、MIOもリングに上がり祝福

K-1実行委員会
『Krush.113』
2020年6月28日(日)東京・新宿FACE

▼第6試合 Krush女子ミニマム級 3分3R・延長1R
〇高梨knuckle美穂(Y’ZD GYM)
判定3-0 ※30-27、30-27、30-26
●真美(Team ImmortaL)

1Rでダウンを奪う高梨(上)

 高梨は開始から連打で襲い、右ストレートに左フックに左ボディフックを織り交ぜ、真美を左フックで打ち抜きダウンを奪う。
 立ち上がった真美に高梨はさらに右ストレート、左フックで攻める。真美も打ち返すが高梨はディフェンス勘もよく当てさせない。

 2R、前に出てくる真美に高梨は右ストレートと左フックで対抗。真美も左フックを当てるが高梨は左ボディフックを返す。高梨は打つだけでなく、バックステップして距離を作りジャブ、左ボディと当てる。真美が踏み込んできたところに右ストレートと左フックを当てる高梨。

 3R、高梨は離れた距離で前蹴りを入れ、無理に攻めない。真美のパンチをかわし、高梨は左ボディ、右クロスとパンチを入れていく。プレスしていく真美だが、高梨はこれを巧みにかわして当てさせない。その中でも高梨は左フックの顔面&ボディ打ち、右ストレート、右クロスと入れる。真美は声を発して最後は迫るが、クリーンヒットを上げられずに終える。

 判定は30-27、30-27、30-26の3-0で高梨。マイクを持って、KOできなかったことを悔いながらも、「MIO選手、大阪大会でやらせてほしいです。もっとパワーアップした姿を見せられると思います」とK-1参戦が予定されるMIOに対戦を迫る。

パンチを打ち込む高梨(右)

 すると会場で観戦していたMIOがリングに入り、高梨の勝利を祝福し「女子のK-1で一番盛り上がる、一番面白い階級にしたいと思うので、これからよろしくお願いします」とエールを送るも、対戦要求には言及しなかった。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・[前日計量]高梨knuckle美穂、階級アップ初戦は「KO一択です」

・高梨knuckle美穂がMIOとの対戦視野か、ベルト返上

・壽美が計量パス「変わった姿を見せる」KANA返上のベルトに照準

・[本日の試合]壽美、初参戦のNA☆NAを降しKrush女子フライ級王座へ一歩前進

・Krushラウンドガールにハーフ美女、グラドルら6名が決定、キャプテンにキャシー凛

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別