TOP > 試合結果個別

【Krush】堀井翼が反則勝ち、ローブローで試合続行不可能に

2020/06/28(日)UP

金子(右)のキックが3度もローブローに。堀井(左)が不運な反則勝ちを収めた

K-1実行委員会
『Krush.113』
2020年6月28日(日)東京・新宿FACE

▼セミファイナル(第7試合) Krushライト級 3分3R・延長1R
〇堀井 翼(K-1ジム五反田チームキングス)
反則 1R ※ローブロー
●金子大輝(K-1ジム大宮チームレオン)

堀井(右)と金子(左)、試合開始前の“視殺戦”

 堀井はのけ反ってにらみつける得意のフラッシュバック、金子はラウェイのポーズで視殺戦を展開してから試合に入る。

 1R、両者ケンカ四つの構えのため(堀井がオーソドックス、金子がサウスポー)、金子のローが開始から度々堀井にローブローとなってしまう。

ローブローに苦悶する堀井

 2度目のローブローはダメージが深く、インターバルが取られる。再開し、両者は攻防を激化して金子が右フックと左ストレート、堀井はこれに対し右ストレートのカウンターを放っていく。しかし、金子3度目のローブローが堀井に入ってしまい、堀井が試合続行不可能となったため、堀井の反則勝ちが宣せられた。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・[前日計量]堀井翼、階級下げスピードアップ「ラッキーパンチでKOできる」

・堀井翼がラウェイ王者・金子大輝の天然ぶりに怒り、”カメラボクシング”で前哨戦(動画あり)

・7.21女子トーナメントに菅原美優、チャン・リーら美女ファイター揃う

・堀井翼、ファイトマネーを全投資して宣伝トラックを走らせる

・KrushガールズにZENTレースクイーンのチャナナ沙梨奈が決定

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別