TOP > 新着情報 > 試合結果個別

【UFC】元RIZIN王者プロハースカ、UFCデビュー戦はランカーにKO勝利

2020/07/12(日)UP

WME-IMG
『UFC 251』
2020年7月12日(日・日本時間)アラブ首長国連邦アブダビ・UFCファイトアイランド

▼ライトヘビー級 
●ヴォルカン・オーズデミア(スイス)
KO 2R 0分49秒 ※右フック
〇イリー・プロハースカ(チェコ)

UFCデビュー戦でKO勝ちしたプロハースカ

 プロハースカは2015年末の旗揚げ戦からRIZINに参戦し、ヘビー級GPで準優勝、19年4月のRIZINライトヘビー級タイトルマッチでKO勝ちにより初代王者の栄冠を勝ち取った。RIZINでは10勝のうち実に8勝が1R KOという強打者で、今年1月にUFCとの契約を発表した。

 対戦相手のオーズデミアはキックボクシングをバックボーンに持つストライカー。18年1月に当時の王者ダニエル・コーミエに挑戦した経験もあり(オーズデミアの2R KO負け)その後も連敗していたが、直近は2連勝で勢いを取り戻している。こちらも15勝のうち12勝がKO勝利と強打の持ち主だ。現在ライトヘビー級7位につける。

プロハースカの右フックがクリーンヒット、UFCデビュー戦をKO勝利した(@jirkaprochazka)

 1R、両者打撃戦で展開し、ジャブとストレートを交換。頭を振り、手を開いてカンフーのような構えを見せるプロハースカだが、オーズデミアがヒットの精度で上回り、右ストレート、左フックととらえる。一瞬腰が落ちる場面も見られるプロハースカ。ややオーズデミア優勢で初回が終る。

 2R、左右に構えをスイッチするプロハースカはサウスポーから左インローを当て、その後での左ハイキックを当てる。ダメージを見せたオーズデミアを追いかけ、ジャブからの右フックを直撃するとオーズデミアは腰から落ちてダウンを喫し、UFCデビューをKOで飾った。

※その他試合結果はこちら

●編集部オススメ

・プロハースカのUFCデビュー戦は7.12に正式決定、トリプルタイトル戦の豪華カードも

・【RIZIN】プロハースカが王座返上しUFCと契約、榊原CEOはエール

・川村那月が水着も満載“卒業 DVD”発売、RIZINガール卒業は煙に巻く

・陽性でタイトル戦欠場のバーンズの代役はベテラン戦士マスヴィダル=7.12アブダビ

・【UFC】佐藤天の秒殺TKO勝利に、UFC王者らも驚きの声「これが日本男児パワー!」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 新着情報 > 試合結果個別