TOP > 試合結果個別

【UFC】ピョートル・ヤン、アルドを粉砕しバンタム級新王者に

2020/07/12(日)UP

WME-IMG
『UFC 251』
2020年7月12日(日・日本時間)アラブ首長国連邦アブダビ・UFCファイトアイランド

▼バンタム級タイトルマッチ
〇ピョートル・ヤン(ロシア)
TKO 5R 3分24秒
●ジョゼ・アルド(ブラジル)

バンタム級新王者となったヤン(写真は18年6月、石原夜叉坊戦)(Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)

 王者セフードが引退によりタイトルを返上。元フェザー級の絶対王者アルドと、6連勝と勢いに乗るロシアの強打者ヤンが王座を争う。アルドは勝てばフェザー級との2階級制覇となる。

 1R、両者オーソドックスでジャブを突く。右クロスでヤンがとらえれば、アルドもローキックでヤンをコカす。ハイキックも度々放つヤン。ラウンド終盤、アルドがタックルで出るが、ヤンはこれを切ってパウンド。ボディへの一撃で、アルドは苦悶の表情に。しかしここはしのいで初回を終える。

 2R、アルドが右ローを当てていくとヤンはサウスポーに構えを変える。アルドは重心を後ろにした構えで右ミドル、右ストレート、右ボディストレートと攻め、左ボディも繰り出す。ヤンはローが気になるか、前に出る圧力が減る。

アルドに強烈なパンチを当てていくヤン(@ufc_jpより

 3R、依然サウスポーに構えるヤンにアルドはボディストレートを伸ばして効かせ、さらに左ボディフックも打ち込む。攻勢となったアルドはアッパー、ヒザも繰り出す。しかしラウンド後半はヤンがボディストレート、アルドの左ボディを受けた直後の右フックと反撃する。

 4R、両者近距離でプッシングと打撃で攻防を展開。しかし中盤以降、アルドに消耗が目立ち、ヤンがジワジワと前に出て押していく。背を見せるように回る場面もあるアルド。右ジャブ、左アッパー、右アッパーと当てていくヤン。アルドの足を刈ってヤンが倒し、ボディも忘れずパウンドを振り下ろす。

 5R、ヤンは右から左のワンツーを効かせ、さらに左のボディショット、左アッパーを追撃してダウンさせ、ハーフガードのアルドにパウンドをまとめる。アルドが四つん這いとなっても鉄槌とパンチの嵐で、そのまま攻撃をまとめレフェリーストップを呼び込んだ。

 試合後、ヤンはやはりアルドのローが効いていたことを明かし、王座奪取とともに最近父となった喜びを語った。

※その他試合結果はこちら

●編集部オススメ

・[今日の試合]女子の元王者同士の再戦は流血のナマユナスがアンドラージを振り切る

・[今日の試合]元RIZIN王者プロハースカ、UFCデビュー戦はランカーにKO勝利

・【UFC】ピョートル・ヤン、剛拳で石原夜叉坊にKO勝利(18年6月)

・【UFC】佐藤天の秒殺TKO勝利に、UFC王者らも驚きの声「これが日本男児パワー!」

・【グラビア】川村那月が水着も満載“卒業 DVD”発売、RIZINガール卒業は煙に巻く

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別