TOP > 試合結果個別

【RISE】小林愛三が強烈右ローを集中、MARIの足が真っ赤に腫れ完勝

2020/07/19(日)UP

小林がフルマークの判定勝利を収めた

RISEクリエーション
『RISE 140』
2020年7月19日(日)東京・後楽園ホール

▼第2試合 -53kg契約 3分3R
○小林愛三(NEXT LEVEL渋谷/WPMF女子世界フライ級王者、初代ムエタイオープン女子フライ級王者)
判定3-0 ※30-28、30-28、30-27
●MARI(ナックルズGYM/元NJKFミネルヴァ ピン級王者)

ハイキックを繰り出す小林

 小林はわずか6戦目でムエタイオープン女子フライ級王座を獲得。その後参戦したKNOCK OUTでは伊藤紗弥、イリアーナ・ヴァレンティーノらに勝利し、日本の-50kg級女子最強を証明しつつあった。しかし19年7月のRISEでは計量オーバーで失格、試合中止に。その雪辱を果たすべく、同年11月に挑んだWPMF(世界プロムエタイ)女子世界フライ級(50.8kg)タイトルマッチに勝利し戴冠、見事再起を果たした。

この連続ローキックでMARIの外ももが赤く腫れる(C)RISE

 当初の相手はJ-GIRLSスーパーフライ級王者・YAYAウィラサクレックだったが、負傷で欠場。代打のMARIは18年にNJKFミネルヴァ初代ピン級王座を獲得し、シュートボクシングの舞台でも活躍する。

 試合は、小林がのびのびとしたサークリングからのフックで様子を見ながら小林の左フックがヒット。MARIもロー、右アッパーと返す。

右ローを蹴り続ける小林(C)RISE

 2R以降は小林が右ローを連続して入れてゆく。MARIもパンチからのミドルで応戦するが、左外ももは真っ赤に。MARIはパンチに特化するも小林は落ち着いてローを蹴り続ける。MARIは若干ローをいやがる素振り。

 3Rには、小刻みに振るMARIの右アッパーも当たるが、小林は落ち着いてサイドへ回り、ロー、ハイキック。ラストは接近戦での打ち合いに。

 ジャッジは二者が30-28、一者が30-27とフルマークで小林が完勝を果たした。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・[当日計量]寺山日葵、紅絹、小林愛三ら女王たちが計量パス

・KNOCK OUT女子エース小林が世界三冠女王・伊藤紗弥を下す金星

・[当日計量]工藤政英、ベイノアら王者が計量パス=18時開始

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 試合結果個別