TOP > 試合結果個別

【RISE】志朗が秒殺KO勝利「強い志朗を見せられた」

2020/07/19(日)UP

わずか26秒でKO勝利を決めた志朗

RISEクリエーション
『RISE140』
2020年7月19日(日)東京・後楽園ホール

▼第3試合 -56.5kg契約 3分3R延長1R
〇志朗(BeWELLキックボクシングジム/ISKAムエタイ世界バンタム級王者、RISE WORLD SERIES 2019 -58kgトーナメント準優勝)
KO 1R 0分26秒 ※右フック 
●清志(新興ムエタイジム/NJKFバンタム級2位、WMC日本バンタム級3位)

志朗の右フックがヒット

 志朗は16年にISKA世界王座を獲得。昨年の「RISE WORLD SERIES 2019 -58kg」に参戦すると、ルンピニー王者のルンキット・ウォーサンプラパイを下す大金星を挙げた。決勝では那須川に敗北こそ喫したものの、徹底的な対策で那須川の爆発力を封じ、その実力の高さを証明した。今回NJKFランカーの清志とのワンマッチに挑む。

 1R、ローで入る清志を落ち着いたバックステップでかわした志朗。志朗が素早いワンツーから強烈な右ローを出すと、清志の動きが一瞬止まったように。そこへすかさず志朗がジャブからの右フックをぶち込む。崩れるように落ちた清志は立ち上がるも、足元がおぼつかずレフリーがストップ。実に開始26秒での秒殺劇だった。

 倒した後も平然とポーカーフェイスの志朗はマイクで「自分の試合で元気とかパワー与えたらよいと思うので、最高の勝ち方が出来たと思う。今回から強い志朗を見せられたと思うので、次回からも応援お願いします」とマイク。何事もなかったのように落ち着いた素振りでリングを後にした。

【RISE】試合結果速報中=2020年7月19日

●編集部オススメ

・【RISE】寺山日葵、紅絹、小林愛三ら女王たちが計量パス=7.19後楽園

・【RISE】元女子ボクシング世界王者の山本ユノカ「(紅絹は)ローキックで来る、蹴り返す」=7.19後楽園

・【RIZIN】榊原CEOが内山高志vsメイウェザー戦のオファー打ち明ける、夢の一戦の実現なるか

・【RISE】那須川天心、90秒KO“異次元”右フックを語る=試合後インタビュー

・【RIZIN】メイウェザー試合後コメント「コンタクトスポーツには良い時も悪い時もある」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別