TOP > 試合結果個別

【RISE】女王・寺山日葵が強豪“サソリ”に覚悟を決めた打ち合い、延長戦で勝利

2020/07/19(日)UP

長い脚でキックを蹴り込む寺山

RISEクリエーション
『RISE 140』
2020年7月19日(日)東京・後楽園ホール

▼第6試合 SuperFight! -50kg契約 3分3R延長1R
○寺山日葵(TEAM TEPPEN/初代RISE QUEENミニフライ級王者、第8代J-GIRLSミニフライ級王者)
延長判定3-0 ※三者とも10-9
●sasori(テツジム/NJKFミネルヴァ日本ライトフライ級王者)
※本戦判定1-0(29-28、29-29×2)

 寺山は19年9月に初代RISE QUEENミニフライ級王座を獲得すると、同年11月にはRISE QUEENアトム級王者・紅絹との女王対決にも勝利。今年1月にはスック・ワンキントーン女子ミニフライ級王者・KOKOZとの王者対決も制し、勢いを増している。

 対するsasoriは昨年9月にNJKFミネルヴァ王座を獲得。今年2月には、当時5戦5勝(3KO)と破竹の勢いで勝ち進んでいたSB日本女子ミニマム級王者・女神にダウンを奪い、初黒星を与える衝撃的な勝利を見せた。

 試合は 1R、ジャブからの左ストレートで突っ込んでくるsasoriに寺山のロー、前蹴り。sasoriがボディからの鋭い左ストレートを放つと、寺山は素早くローから組んでヒザと様子を見る。sasoriが笑いながら素早いストレートの連打。寺山は落ち着いて左ストレートを返す。寺山は前蹴り、ハイキックも放つ。

 2R、寺山が右ミドルからの右ハイキックをヒットさせる。sasoriがストレートで突っ込んでくるが、寺山は返して前蹴り、ミドル、ヒザ蹴り。sasoriも接近戦でヒザを繰り出し始める。前進を止めないsasori。寺山のテンカオがカウンターで突き刺さる。寺山が前蹴り、ミドル右ストレート。sasoriの左ストレートがかする場面も。ラスト10秒、寺山の前蹴りをもらいながら、満面の笑みで突っ込みパンチを狙うsasori。

 3R、寺山は右ハイキックをヒットさせるが、sasoriの左ストレートが寺山にクリーンヒット、アゴを跳ね上げる。寺山はsasoriの打ち終わりに組んではヒザ、右ストレートも入れる。sasoriがつかんでの連続攻撃でイエローカードが与えられる。

 判定は29-28寺山、29-29ドロー×2と、差がつかず延長戦へ。

 延長、突っ込むsasoriに寺山が正面から前蹴り連打、sasoriの顔を跳ね上げる。寺山の右ストレートが入るも、笑顔をやめないsasori。寺山が覚悟を決めたようにステップを止め、パンチの打ち合いに応じる。寺山のノーモーションの右が入る。sasoriが右フックも繰り出しはじめる。寺山のストレート、ヒザのヒット数が多いが、sasoriの左も当たる。 
 後半、sasoriが出てくるが寺山は下がりながらも前蹴り、ヒザを当てる。ラストは時間がないsasoriが、飛び込んでの左を放つも寺山がさばいて組み付き。

 ジャッジは三者とも10-9で寺山が女王の意地を見せ、激闘を制した。

 寺山はコメントで「王者らしい対決ができなくてすみません。sasori選手本当に強くて、自分はもっと強くならないといけないと思いました。もっともっと強くなって、RISEクイーンとして他の選手より一歩上のレベルにいきたいです」と笑顔で語った。

【RISE】試合結果速報中=2020年7月19日

●編集部オススメ

・【RISE】寺山日葵、紅絹、小林愛三ら女王たちが計量パス=7.19後楽園

・7.19【RISE】志朗が秒殺KO勝利「強い志朗を見せられた」

・7.19【RISE】小林愛三が強烈右ローを集中、MARIの足が真っ赤に腫れ完勝

・【RIZIN】那須川天心、拳の怪我で出場断念「年末から痛かった」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 試合結果個別