TOP > 試合結果個別

【Krush】“JKファイター“MOEがアグレッシブに攻めて判定勝利、決勝に進出

2020/07/21(火)UP

女子高生ファイターのMOEが勝利、女子アトム級王座トーナメント決勝に進出

K-1実行委員会
『Krush.115』
2020年7月21日(火)東京・後楽園ホール

▼第5試合 第3代Krush女子アトム級王座決定トーナメント準決勝 3分3R・延長1R
◯MOE(若獅子会館)
判定3-0 ※30-29、30-29、30-28
●チャン・リー(K-1ジム五反田チームキングス)

 元王者・高梨の返上したベルトを懸けた、王座決定トーナメントが開幕した。

 MOEはアマチュア実績が豊富で、プロでは元王者の高梨やムエタイの強豪・パヤーフォンなどの強豪選手と凌ぎを削ってきた。トーナメント制覇で、現役高校生チャンピオンを狙う。

 対するリーは、前回の試合からK-1ジム五反田に移籍して、Krush初勝利を掴み、今回のチャンスを得た。バランスの良いスタイルと、的確なパンチが武器だ。

ハイキックを繰り出すMOE

 1R、リーの右ミドルに、MOEが左ミドルを蹴っていく。中盤は、左右のローやミドルの蹴り合いが展開される。MOEがワンツーを伸ばしていくと、リーも右フックを狙う。緊張感のある蹴り中心の立ち上がりとなった。

 2R、右の前蹴りで突き放すリーに対して、MOEが接近してワンツーをヒット。徐々に前に出て、パンチをまとめていくMOEはパンチのコンビネーションから、左ボディを2度打ち込むと、リーも右ミドル、右フックで反撃。

左フックを当てるMOE

 3R、右ミドルで攻めるリー。MOEは左右のフックで前に出る。それに対して、リーは右のミドルで応戦するとMOEは右ストレートを合わせるなど白熱した展開。終盤、MOEがパンチで前に出るが、リーも押し返して右ストレートを放ったところで、終了のゴング。アグレッシブに攻め続けたMOEが判定で勝利した。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・[前日計量]JKファイター・MOEが主役に名乗り「一番目立つ試合を」

・MOE「女子高生を舐めんなよ!」チャン・リー「子供たちに夢が叶うを証明」=女子王座T

・[前日計量]菅原美優が笑顔で計量パス、美容師になって初戦「ワクワクしています」

・菅原美優、美容師になり初戦「KANAさんに近づきたい」王座戴冠目指す

・ラウンドガール卒業、4年間務めた小島みゆ「Krushはずっと最高だったぞ」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別