TOP > 試合結果個別

【Krush】菅原美優が力強い蹴り技で判定勝利、MOEとの女王決定戦へ

2020/07/21(火)UP

勝利者トロフィーを手にする菅原。女子アトム級王座トーナメント決勝へ進出、MOEと対戦する

K-1実行委員会
『Krush.115』
2020年7月21日(火)東京・後楽園ホール

▼第6試合 第3代Krush女子アトム級王座決定トーナメント準決勝 3分3R・延長1R
●優(北斗会館押上道場)
判定0-3 ※28-30×2、27-30
◯菅原美優(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)

 元王者・高梨の返上したベルトを懸けた、王座決定トーナメントが開幕した。優はフィジカルを武器に、Krushで経験を積んできたファイター。ガンガン前に出るスタイルで、初戦突破を狙う。

 対する菅原は美容師としてのキャリアをスタートさせて初戦となる。長い手足から繰り出される蹴り技が持ち味だ。

 1R、前に出る優に対して、菅原が前蹴りで突き放し、右ストレートをヒットさせる。下がらない優は左右のフックを振るっていくと、菅原はカウンターの右フックを当てて、顔面前蹴りを蹴り込む。左ミドルを繰り出す菅原は、前に出て右ストレート。お互いの右ストレートがクロスする。

 2R、パンチで前に出て、左ミドルの菅原。菅原は、優の前進に対してボディに前蹴りを突き刺す。ローを連打する菅原に、優は接近して左右フックを放つ。接近したところでバッティングが発生して、優の額が腫れ上がる。再開後、前進する優は右のフックをヒットさせた。

 3R、優がガードをしっかり固めて、ワンツーを振るっていく。菅原は遠い距離からの右ローを走らせる。菅原は前進していくが、お互いの頭が立て続けに当たってしまい、バッティングを繰り返してしまう。菅原には、警告が与えられる場面も。終盤まで、優は圧力を強めて近距離でパンチをヒットさせていくが、菅原はクリーンヒットを許さない。菅原が判定で勝利した。

決勝で対戦する菅原(左)とMOE(右)

 勝利した菅原は「沢山の応援ありがとうございました。(同門の松本)日向君が欠場になってしまった分頑張ろうと思ったけど、ダメダメな試合になっちゃいました。決勝ではMOEちゃんと良い試合できるように頑張ります」とコメント。

 決勝で対戦するMOEは、リングに上がって「無事に勝つことが出来たけど、内容的に良くない試合になったので、菅原選手といい試合ができるように頑張ります」と話した。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・[本日の試合]“JKファイター“MOEがアグレッシブに攻めて判定勝利、決勝に進出

・[前日計量]菅原美優が笑顔で計量パス、美容師になって初戦「ワクワクしています」

・菅原美優、美容師になり初戦「KANAさんに近づきたい」王座戴冠目指す

・[前日計量]JKファイター・MOEが主役に名乗り「一番目立つ試合を」

・MOE「女子高生を舐めんなよ!」チャン・リー「子供たちに夢が叶うを証明」=女子王座T

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別