TOP > 試合結果個別

【DEEP JEWELS】本野美樹、初回TKOで王座戴冠「次はRIZINに出たい」

2020/07/23(木)UP

戴冠を果たした本野 写真提供:DEEP事務局

DEEP事務局
『skyticket Presents DEEP JEWELS 29』
2020年7月23日(木・祝)東京・新宿FACE

▼第6試合 DEEP JEWELS ストロー級暫定王者決定戦 5分3R
●赤林檎(フリー)
TKO 1R 4分23秒  ※パウンド連打
〇本野美樹(AACC)

タックルにいく本野 写真提供:DEEP事務局

 当初両者の試合は5月6日大会で予定されていたが、新型コロナウイルス対策の影響を受け大会自体が延期に。約2ヶ月の時を経て、対戦を迎えることとなった。日本拳法をベースにキックボクシングを試合もする打撃系ファイターの赤林檎はMMA戦績4勝2敗、対する本野は柔道がバックボーンで渡辺華奈の後輩に当たり、4勝1敗のMMA戦績を持つ。

 オーソドックスの赤林檎に対し本野はサウスポーで構える。右を打ち込まんと前に出る赤林檎だが、そこを奥襟を取るように本野が右腕でとらえ、両脇差しに変化すると赤林檎の足を刈ってテイクダウン。ハーフガードを取る赤林檎だが、本野はスペースが取れないと鉄槌、スペースができるとパンチと打ち込んでいく。赤林檎に立ち上がる隙を与えない。

パウンドを振りかざす本野(上)写真提供:DEEP事務局

 ラウンド終盤にはマウントに変わってパウンドを連打。赤林檎に逃れんと体を動かしてもバック→マウントと変わりながら逃がさずにパウンドを連打し、レフェリーストップを呼び込んだ。

 王者となり安堵した表情の本野は「この試合に懸けてずっとやってきたので、勝ててすごく嬉しいのと力が抜けてホッとしています。1回オーストラリアでタイトルマッチをやらせてもらったことがあって、負けてしまってすごく悔しかったので、今日は何が何でも獲ってやろうと思って今日までやってきました」とコメント。

本野が勝ち名乗りを受ける 写真提供:DEEP事務局

 さらに「赤林檎選手と試合を組んでもらって、自分はグラップリング主体の選手なんですけど、打撃でガンガン攻めてくる選手だったのでリーチも長くて不安もあったんですけど、自分を信じてやろうと思って結果ベルトを巻けてよかったです」と試合を振り返り、「今まで自分はずっと挑戦者でやってきて今日チャンピオンになれたんですけど、これからも挑戦者の気持ちを忘れずやっていきたいし、今日ジュエルスのチャンピオンになる目標を達成できたので、次はRIZINに出たいので、出られるようなスター選手になれるように頑張ります」と今後の抱負を語った。

☆全試合結果とレポートはこちら

●編集部オススメ

・【計量】赤林檎が余裕の笑みで計量パス、強敵・本野美樹にベルト奪取宣言!

・【本日の試合】杉山しずか、腕十字で3R貫録の一本勝ち

・“自然児”赤林檎が大胆水着で計量クリア「会場をひっくり返す」と勝利宣言

・【本日の試合】浜崎朱加、圧巻の強さで二本奪取し勝利

・【DEEP JEWELS】メルヘン戦士マドレーヌ、またしても計量でメルヘンワールドに

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別