TOP > 試合結果個別

【UFC】ファブリシオが1R一本勝ち、グスタフソンのヘビー級進出を阻む

2020/07/26(日)UP

WME-IMG
『UFCファイトナイト・ファイトアイランド3』
2020年7月26日(日・日本時間)
アラブ首長国連邦アブダビ・UFCファイトアイランド

▼ヘビー級マッチ 5分3R
〇ファブリシオ・ヴェウドゥム(ブラジル)
一本 1R 2分30秒 ※腕十字
●アレクサンダー・グスタフソン(スウェーデン)

ファブリシオが1R一本勝ち(C)Photo Courtesy of UFC

 グスタフソンはかつてライトヘビー級王座に何度も挑戦し、戴冠ならずも名勝負を残してきた選手。19年には引退を表明していたが、今回ヘビー級に上げての一戦となる。

 ヴェウドゥムは2010年、当時10年間無敗だったヒョードルに一本勝ちして名を上げた。UFCでは14年にマーク・ハントにTKO勝利でヘビー級暫定王座を獲得。翌15年に正規王者ケイン・ヴェラスケスに一本勝ちして戴冠している。現在は2連敗しており、今回の試合に再起を懸ける。

腕十字を極めにかかるファブリシオ(@ufcより)

 1R、両者ともオーソドックスで対峙する。片足タックルに出たヴェウドゥムはこれを切られて鉄槌を浴びるが、そこからバックに回りグスタフソンの左腕に十字を狙う。腕をクラッチしこらえたグスタフソンだが、ヴェウドゥムはこれを切って伸ばし切り一本勝ち。連敗脱出を果たした。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・元王者ウィテカーが“燃え尽き”からの再起戦、“ヒョードルに一本勝ちした男”42歳ファブリシオも参戦

・PRIDEでも活躍したノゲイラ弟、ショーグンとの引退マッチは「フィニッシュする」

・【UFC】美しすぎる妻ラウンドガール姿を初披露

・日本初進出のUFCジムが本格始動、英語が公用語「気分は格闘技留学」英会話プログラムも

・【6月ベストファイター】UFC秒殺TKO勝利の30歳・佐藤天「日本人がこの階級でも勝てるのを証明したい」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別