TOP > 試合結果個別

【RIZIN】元ルンピニー&ラジャ王者の吉成名高、ヒジが炸裂しTKO勝利でRIZINデビュー

2020/08/09(日)UP

吉成が貫禄のTKO勝利を収めた

RIZIN FIGHTING FEDERATION
『RIZIN.22』
2020年8月9日(日)横浜・ぴあアリーナMM

▼第4試合 RIZINキックボクシングルール:3分3R(50.8kg)
〇吉成名高(エイワスホーツシム)
TKO  2R 3分8秒  ※左ヒジ
●優心(NJKF京都野口GYM)

吉成のヒザが優心のボディに食い込む

 吉成はムエタイの二大殿堂、ラジャダムナンとルンピニーのタイトル統一を外国人として2人目、日本人としては初めて成し遂げた驚異の19歳。
 対する優心は所属する京都野口ジム・野口会長の息子であり「僕がシンデレラレボーイになる」とアップセットを狙う。

 試合はムエタイルールに準じ、RIZIN初のヒジありキックボクシングルールとなった。

 1R、サウスポーの吉成は足払いを皮切りに優心を首相撲で度々マットに投げつけていく。ヒジ打ちによるものか鼻血の見られる優心。

 2R、攻勢を強める吉成は左ミドルを当てて前に出て、優心が組んできてもやはりマットに投げる。吉成は左ストレートを顔・ボディと散らし、右ヒジでダウンを奪取。立ち上がった優心に吉成は左右のヒジ、左ストレートと攻め手を緩めず、最後は左ヒジを打ち込んで2度目のダウンを奪い、レフェリーストップを呼び込んだ。

 勝利した吉成は「焦っちゃった部分が部分があった」と振り返りつつも勝利を喜び、「これから、もっと力をつけて、RIZINや日本の格闘技界を引っ張っていける選手になるよう頑張りますので応援よろしくお願いします」と今後の抱負を語り、今日が誕生日だというエイワスポーツジムの中川会長にRIZINの勝利を捧げた。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・【BOM】日本人初快挙、名高がムエタイ最高峰ルンピニー王座獲得で、ラジャと統一王者に

・【ムエタイ】名高、快挙達成をアントニオ猪木に報告「いずれ世紀の一戦を」

・【RIZIN】皇治、那須川天心戦に「挑戦しないと意味が無い、上のヤツを食うためにやってきた」

・【RIZIN】大会のテレビ放送・配信スケジュール=8.9/8.10横浜・ぴあアリーナMM

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別