TOP > 試合結果個別

【RIZIN】江幡塁、ダウン奪取で植山征紀を降す「もっと格闘家として輝けるよう頑張る」

2020/08/09(日)UP

左ミドルを放つ江幡

RIZIN FIGHTING FEDERATION
『RIZIN.22』
2020年8月9日(日)横浜・ぴあアリーナMM

▼第5試合 56.0kg契約 RIZINキックボクシングルール ※肘無し
〇江幡 塁(伊原道場本部/WKBA世界スーパーバンタム級王者)
判定3−0
●植山征紀(龍生塾ファントム道場/シュートボクシング日本スーパーバンタム級王者)

 江幡は昨年大晦日に那須川天心と対戦するも初回KO負け。しかしそこからの復帰戦で再びRIZINに参戦する。対するはシュートボクシングの王者・植山。強打でダウンをKOを量産してきた選手で、打撃戦必至な顔合わせだ。

 1R、両者オーソドックスで立ち、江幡はミドルを主軸に距離を取る。植山は距離を取られてパンチが空を切るが、踏み込んでの左フックが江幡を捉える。植山はさらに左インローで江幡の内股を赤くする。

この右ストレートで江幡がダウンを奪う

 2R、植山は左インローと左フックをさらに強めるが、江幡は左ミドル、そして右ミドルと距離を掴み、次第に距離感を握っていく。そして逆にミドルからフックを繋ぎ植山に当てていく。

 3R、前に出た江幡は植山のローを誘い、そこに右ストレートをカウンターしてダウンを奪う。立ち上がった植山はしかし弱気にならず、逆にワンツー、左フック、跳びヒザと打ち合いを仕掛ける。だが江幡は冷静にブロックしてクリーンヒットを与えない。顔面前蹴りを植山に決める。

3R、前のめりにダウンする植山

 判定は29−28、29−27、30−27の3−0で江幡。両者3Rには出血しての熱戦を制した。

 江幡はマイクを取ると「ご存知の方もいると思いますが、小さいころから夢を語ってきた親友が亡くなりました。でも僕は格闘技をやっていて、格闘家です。ファイターです。生きざまはこのリングでしか見せることができません。リングでどんなに辛いことがあってもメッセージを送り続けます」と自身の思いを語り、「みなさんもコロナで苦しいと思いますが、僕は格闘家として輝いてメッセージを発しました。生意気ですがみなさんもメッセージをもらって各々で輝いてください。みんなが輝けば多くの輝きになって、大きな光になります。もっと大きな光になれるよう、格闘家として輝けるように頑張ります」と、リングに上がり戦った思いを言葉にした。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・江幡睦と塁が親友・三浦春馬を追悼、10年前にも共にリングイン

・[前日計量]矢地祐介vsサトシ・ソウザ、浜崎朱加、浅倉カンナら全選手が計量パス=8.9

・江幡塁が親友・三浦春馬との”約束”貫く、SB王者・植山征紀と対決

・江幡塁が振り返る那須川天心戦、飛ばされたマウスピースは想定外

・RIZINガール2020決定! レースクイーンから女子プロレスのリングアナなど

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別