TOP > 試合結果個別

【RIZIN】浅倉カンナ、古瀬美月にパウンド連打で貫録の初回TKO勝ち

2020/08/09(日)UP

強烈なパウンドを連打し95秒でTKO勝利した浅倉

RIZIN FIGHTING FEDERATION
『RIZIN.22』
2020年8月9日(日)横浜・ぴあアリーナMM

▼第7試合 RIZIN MMAルール(49.0kg)5分3R※肘あり
〇浅倉カンナ(パラエストラ松戸)
TKO 1R 1分35秒 ※パウンド連打
●古瀬美月(Y&K MMA ACADEMY)

古瀬の上に乗りパウンドを打ち込む浅倉

 浅倉は16年末にRIZINでデビューし、翌17年のスーパーアトム級GPで優勝。18年末、浜崎朱加とのタイトルマッチ、19年6月の山本美憂戦では敗れたが、現在は2連勝で「RIZIN女子の顔」と言える存在だ。
 対する古瀬は2001年2月生まれの19歳と浅倉より若く、AbemaTVの『格闘代理戦争』で注目を集めた選手。『格闘代理戦争』の準決勝では、あいを降しており、現在4連勝で浅倉に挑む。

 1R、サウスポーの浅倉に対し、古瀬はオーソドックスでステップを踏んで周囲を回り、打撃からタックルに出るが、これは切られてしまい浅倉がバックにつく。浅倉はここから古瀬の体を伸ばして左右のパンチ、鉄槌を連打。古瀬はそのまま逃げることができず、レフェリーが試合を止めた。

 浅倉は汗もかいてないのではというインタビュアーの問いに「アップの汗です」と笑顔を見せ、関係者や対戦相手の古瀬、ファンに感謝。今後対戦したいのは「一番はベルトを持ってるハム・ソヒ選手なんですけど(山本)美憂さんにも浜崎さんにも、もう一度やらせて頂きたいと思います」と答え、最後は「まだ息苦しい生活が続くと思うんですけど、今日、明日とRIZINを見て少しでも明るい気持ちで帰ってもらえればと思います」とファンにメッセージを送った。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・浅倉カンナ、ボクシング世界王者・京口紘人の指導で打撃力アップに自信

・浅倉カンナ、古瀬美月と対戦「しっかり自分が壁になる」(浅倉)

・[前日計量]矢地祐介vsサトシ・ソウザ、浜崎朱加、浅倉カンナら全選手が計量パス

・ラウンドガール2020決定! レースクイーンから女子プロレスのリングアナなど

・【RIZIN】大会のテレビ放送・配信スケジュール=8.9/8.10横浜・ぴあアリーナMM

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別