TOP > 試合結果個別

【RIZIN】サトシ・ソウザが覚醒&復活のTKO勝利、矢地祐介はジークンドー発揮ならず

2020/08/09(日)UP

サトシ・ソウザの強烈なパウンド連打に、仰向けのまま立ち上がれない矢地

RIZIN FIGHTING FEDERATION
『RIZIN.22』
2020年8月9日(日)横浜・ぴあアリーナMM

▼メインイベント(第9試合) RIZIN MMAルール(-71.0kg)5分3R※肘無し
●矢地祐介(KRAZY BEE)
TKO  1R 1分52秒  ※パウンド連打
〇ホベルト・サトシ・ソウザ(ブラジル/ボンサイ柔術)

 ライト級の両者は昨年サトシがトーナメントに出場するも1回戦負け、矢地は出場が叶わなかったが、年末には上迫博仁に逆転勝利し復活、一歩前進を果たした。

 ジークンドーをはじめとした達人たちとのコラボ動画で注目を集める矢地は、大晦日とはまた変わった姿を見せるのか。あるいは“柔術界の至宝”サトシが、その寝技技術で仕留めるのか。

止まらないパウンド連打で矢地を苦しめるサトシ

 矢地はブルース・リーの「燃えよドラゴン」のテーマに乗せて姿を表した。

 リングインし試合が始まると、矢地は1Rからサウスポーからブルースリーのような関節蹴りや横蹴りを飛ばす。サトシはこれにやや阻まれたが、サトシは矢地の横蹴りを潰してタックルに入り、コーナー際でテイクダウン。マウントポジションとなり、パワフルなパウンドを連打。矢地が背を見せるとチョークスリーパーを狙い、矢地が仰向けに戻るとやはりパウンドを続行。逃れられない矢地にサトシのパウンド連打が止まらず、レフェリーは試合を止めた。

 快勝に雄叫びを上げたサトシは「(昨年)10月恥ずかしい試合、でも今は大丈夫だから、このチャンスをRIZIN本当にありがとうございます」と昨年10月のRIZINでジョニー・ケースにKO負けを喫したが、今回の雪辱の機会に感謝した。続いて練習パートナーたちの名前を挙げてやはり感謝し、その中の一人であるクレベル・コイケをリングに呼び込みRIZIN参戦をリクエストする。

共に練習するクレベル(左)をリングに呼び込んだサトシ

 マイクを持ったクレベルも「1回チャンス下さい。いつでも誰でもいいから私試合をやりたい。よろしくお願いします」と出場をアピール。

 改めてマイクを持ったサトシは「勝つ時もある、負ける時もある。でも私の生徒たち、家族も手伝ってくれるから、本当にありがとう。私、絶対忘れない」と改めて周囲に感謝し、最後に「世界に見せて、RIZIN戻ったぞ!」と叫んで大会を締めた。

 今年に入ってジークンドーを学んだ矢地だったが、ジークンドーをマスターするには数ヶ月では難しかったのかもしれない。矢地の今後に期待したい。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・[前日計量]矢地祐介vsサトシ・ソウザ、浜崎朱加、浅倉カンナら全選手が計量パス=8.9

・矢地祐介がブルース・リー技術で必殺技誕生か、YouTubeが100万再生越えの大反響(動画あり)

・皇治のリング上での挑発に那須川天心「何も言わさずに倒す」対戦実現か

・江幡塁が親友・三浦春馬に捧げる勝利「輝き続けることが一番(春馬が)喜ぶ」

・[本日の試合]元女王・浜崎朱加、前澤智からアームロックで一本勝ち

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別