TOP > 試合結果個別

【DEEP】KINGレイナ、初のキックルールも判定辛勝

2020/08/23(日)UP

初のキック戦で判定勝利したKINGレイナ(左)写真提供:DEEP事務局

DEEP事務局
『skyticket presents DEEP 95 IMPACT』
2020年8月23日(日)東京・ニューピアホール

▼第7試合 DEEP JEWELS KICKルール 63kg以下 3分3R
〇KINGレイナ(K-Clann)
判定2−1 ※29-28、28-29、29-28
●熊谷麻理奈(WSRフェアテックス札幌)

レイナのパンチがヒット 写真提供:DEEP事務局

 レイナは女子重量級で2016年にプロデビューし、DEEP JEWELSやRIZINで破竹の7連勝。しかし、2017年12月のRIZINで初黒星を喫し、階級変更を決意した。フェザー級を経て昨年10月のDEEP JEWELSに63kg契約で出場予定だったが、前日計量で体重超過により失格という失態を犯した。

 今年2月にはフェザー級(66.3kg)戦で復帰し、パウンドによる1R TKO勝利で復活をアピールした。これまでシュートボクシングに参戦したことはあったが、キックボクシングルールは今回が初めてとなる。

リーチのある熊谷がキックを放つ 写真提供:DEEP事務局

 対する熊谷は、全日本ボクシング選手権2012準優勝の実績を持ち、キックボクサーとしてもJ-GIRLSやBOUTなどのリングで活躍。174cmの長身から繰り出す変則的なアッパーを武器とする。さらにMMAやラウェイにも参戦経験を持つ。

 1R、長身の熊谷は前蹴り、ミドル、ヒザと入れ、レイナがパンチを振るってきても首相撲でとらえてヒザを突き刺す。ジャブとストレートでレイナを懐に入れず展開する熊谷。しかしレイナはラウンド終盤、左フックと右ストレートを連打で繋ぎ、熊谷を下がらせる。

パンチで前に出るレイナ 写真提供:DEEP事務局

 2R、熊谷は左右ストレートから飛びヒザを見せる。その後は距離を保ち、レイナがパンチを振るってきても首相撲で押さえて攻撃を封じる。レイナはラウンド後半、熊谷に金網を背負わせ左右フックを振るうが、これも連続でのヒットは上げられない。

 3R、熊谷はリーチを活かし、ジャブや入ってきたところへのストレート、ヒザ蹴りと間合いを保って試合を進める。ローから左フック、右ストレートを繋いで攻めるレイナだが、クリンチの直後、横を向いてしまったところを熊谷の右ハイキックがとらえる。消耗がうかがえるレイナに熊谷は左右のストレートをヒット。だが、ラウンド最後は熊谷を金網に詰め、レイナが連打を浴びせて終える。

 判定は29−28(レイナ)、29−28(熊谷)、29−28(レイナ)の2−1でレイナ。苦しんだが、初のキックルール戦で勝利した。

キックルールで勝利したKINGレイナ 写真提供:DEEP事務局

 勝利したレイナは「コロナの中、たくさんの応援来て頂いてありがとうございます。初めてのキックボクシングルールをやってみて、打撃に苦手意識があって攻めきれなくてすみません。もっともっと成長できるように頑張ります」と感謝を述べたが笑顔は見られなかった。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・[計量]KINGレイナが絞った肉体で計量パス、初キックルールに「パンチのスピードを上げて来ました」

・KINGレイナ、”極限にならない”減量を実践! 計量パスの食事法とは

・“戦う指原”ことMAOが第一子出産、夫の酒井リョウはパパ初戦「関根シュレックを倒す」

・[夜の部]『朝倉未来チャレンジ』の育成ファイター3名が計量パス、明日デビューに「激しい試合して人気になる」

・[夜の部]川原波輝、王者・越智晴雄を「KOして世界への切符手に入れる」=前日計量

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 試合結果個別