TOP > 試合結果個別

【DEEP】熊谷麻理奈、KINGレイナにリベンジ「一緒に頑張りましょう」とエール送る

2020/09/20(日)UP

勝ち名乗りを受ける熊谷(左)と、唇を噛みしめるKINGレイナ

DEEP事務局
『skyticket presents DEEP 97 IMPACT』
2020年9月20日(日)東京・後楽園ホール

▼第4試合 DEEP JEWELS KICKルール 63kg以下 3分3R
●KINGレイナ(K-Clann)
判定0-3 ※26-30、25-30、26-30
〇熊谷麻理奈(WSRフェアテックス札幌)

熊谷のボディストレート

 両者は8月23日の『DEEP 95』でKICKルールで対戦し、レイナが2-1の判定勝利。しかし接戦による判定には再戦を望む声も多く、レイナ自身もDEEP事務局に早い段階での再戦を希望し、今大会でのリマッチが決まった。

 しかしレイナは大会前日の計量でリミットを1.9㎏のオーバーとなり、再計量に臨むも1.5㎏オーバーでクリアならず。DEEP公式ルールによりレイナが勝利した場合はノーコンテスト(熊谷が勝利した場合は記録に残る)となり、イエローカード2枚=減点2からのスタートとなった。

KINGレイナの顔へストレートを打ち込む熊谷

 1R、計量オーバーしたレイナへの気持ちをぶつけるように熊谷は前に出てボディストレートと顔へのストレート。レイナも左右フックを振るって当てるが熊谷を止められない。熊谷はストレートとボディへのヒザを有効に決める。ラウンド終盤レイナは左フックと右ストレートの連打で前に出るが、熊谷は何とか組み止める。

 2R、熊谷はジャブと左インローでレイナを前に来させない。レイナも左右フックを大きく振るうが空を切る。だが熊谷も警戒して距離を保ち、レイナを懐に入れさせない。レイナを左回りして熊谷はさばいていく。

 3R、レイナが距離を詰めパンチを振るおうとしても熊谷はリーチを活かして組んで押さえる。そしてKINGに逆転に繋がる決定打を与えず終了。

 判定は30-26、30-25、30-26の3-0で熊谷。ダイレクトリマッチでリベンジを果たした。マイクを取った熊谷は「色々ありましたが、ここに立てたことがとても嬉しいです。大会関係者様、本当にありがとうございます。KINGレイナ選手、戦ってくれてありがとうございました。大丈夫です、一緒に頑張りましょう」とレイナにエールを送り、ケージを後にした。

写真提供:DEEP事務局

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・[前日計量]KINGレイナがまさかの1.9kgオーバー、熊谷麻理奈との再戦に暗雲

・KINGレイナ、再計量で超過も対戦へ、熊谷麻理奈「やる事は一つ、皆さん私に力をください」

・[前回の対戦]KINGレイナ、初のキックルールも熊谷麻理奈に判定辛勝

・【RIZIN】RENA参戦決定「今出来ることは戦うことだけ」相手は富松恵美

・美ボディ格闘家ケイトがデビュー戦、極真全日本2位の藤田翔子と対戦へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別