TOP > 試合結果個別

【RIZIN】大原樹里、流血の激戦で矢地祐介を降す

2020/09/27(日)UP

矢地にキックを飛ばす大原(右)

RIZIN FIGHTING FEDERATION
『Yogibo presents RIZIN.24』
2020年9月27日(日)さいたまスーパーアリーナ

▼第1試合 スペシャルワンマッチ RIZIN MMAルール:5分3R(71.0kg)※肘無し
●矢地祐介(KRAZY BEE)
判定1−2
〇大原樹里(KIBA マーシャルアーツクラブ)

 矢地は元修斗環太平洋フェザー級王者で、16年からRIZINに参戦。今年8月に開催された『RIZIN.22』では柔術界の至宝ホベルト・サトシ・ソウザと対戦したが、テイクダウンを奪われマウントからのパウンド連打でTKO負け。コロナの自粛期間に学ぶも前回不発に終わったジークンドーが今回どこまで発揮されるか期待される。

 対する大原は約10年のキャリアで47戦を行い、主戦場のDEEPで国内の強豪選手としのぎを削ってきた鉄人ファイター。180㎝の長身と長い手足から繰り出す打撃で、26勝のうち16のKO勝ちと、数々のファイターをマットに沈めてきた。前戦では今年8月の『DEEP95』で鈴木琢仁に1R0分57秒KO勝ちを収めている。

流血しながらもキックを蹴り込む大原

 1R、サウスポーから左ミドル、サイドキックを飛ばす矢地に大原は右ストレートを当てフラつかせる。右ストレートからの飛びヒザを当てて矢地を倒した大原は、ジャンピングフットスタンプ。そしてパウンドで矢地に流血を呼ぶ。矢地は下から三角絞めを狙うが、大原は頭を引き抜きサッカーボールキック、パウンドとさらに攻める。矢地はしかし蹴り上げを連打し立ち上がって1Rを終える。

 2R、踏み込んでワンツーは当てられない矢地だが、大原が踏み込んできたところにカウンターの右フックを当てる。矢地はこのフックでヒットを上げていく。大原も鼻から出血する。矢地は左フックで大原を倒しサッカーボールキックを放つが、大原も手でディフェンスし立ち上がる。

 3R、矢地は左ストレートを中心に手数多く攻める。大原はこれに右ミドルで対抗する。大原はそこから飛びヒザを繋げるが、これは浅い当たりとなる。矢地は左フックを当て、打撃戦から一転、残り時間40秒ほどのところでタックルに出てテイクダウンし、マウントポジションとなる。しかし大原は跳ねのけて立ち上がるとサッカーボールキックを見舞い、パウンド連打で再び矢地に出血させて終了のゴングとなる。

 判定は2−1で大原。勝利すると「DEEPから来ました大原樹里です。俺を勝つって言ってくれたみんな、KIBAのみんな、これでいいだろう。またすぐ試合すると思うので、応援よろしくお願いします。ありがとうございました!」とDEEPとジムの名を挙げて感謝しリングを後にした。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・矢地祐介、長身KOファイター大原樹里を相手に再起戦が決定

・【RIZIN】金太郎が参戦、瀧澤謙太と強打対決へ「えぐい闘い方する」

・矢地祐介がブルース・リー技術で必殺技誕生か、YouTubeが100万再生越えの大反響(動画あり)

・【RIZIN】大会のテレビ放送・配信スケジュール=9.27さいたまスーパーアリーナ

・那須川天心vs皇治、朝倉海、RENA、スダリオ剛ら全選手が無事に計量パス=9.27さいたま

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別