TOP > 試合結果個別

【RIZIN】江幡睦、2度のダウン奪い良星に勝利

2020/09/27(日)UP

強打で2度のダウンを奪った江幡睦

RIZIN FIGHTING FEDERATION
『Yogibo presents RIZIN.24』
2020年9月27日(日)さいたまスーパーアリーナ

▼第2試合 スペシャルワンマッチ RIZIN キックボクシングルール:3分3R(55.0kg)
〇江幡 睦(伊原道場本部)
判定3−0
●良星(平井道場)

コーナーに座り込むようにダウンする良星

 睦は昨年末に那須川天心と戦った塁の双子の兄。基本に忠実なスタイルで、繰り出す攻撃はいずれも高い攻撃力を有している。

 対する良星(らすた)は元Big bangスーパーバンタム級王者で現在はRISEバンタム級1位につける。睦とは対照的にスイッチとステップを多用するトリッキーなスタイルを持つ。

 1R、オーソドックスからローを当てていく睦に対し、良星は開始からトップスピードの動きで睦を惑わそうとする。ハイ、ワンツー、ローと攻撃を散らす良星だが、睦は動じずローを返していく。そして踏み込んでの右ストレートを良星に当て、フラついた良星にレフェリーがスタンディングダウンを告げる。

 立ち上がった良星はロー、顔面前蹴りと放つが、睦が右ストレートからの左フック、右ストレートと連打し良星に2度目のダウンを与えて1Rを終える。

 2R、良星は変わらず速いステップからパンチの連打で迫るが、睦はしっかりガードし、そして下がらない。良星をロープに追い込んでいく。良星の蹴りを手で流し、睦はパンチをリターンする。睦を崩せない良星。

弟・塁もリングインし兄の勝利を祝福

 3R、良星はステップからフックを顔とボディにフルスイングするが、睦はやはり当てさせず下がらない。良星がフックを入れても睦も顔へのヒザを返す。ラウンド後半やや手数の落ちた睦に対し、良星は変わらぬ運動量でヒザ、後ろ回し蹴りと迫るが、クリーンヒットとはならず大きなダメージは与えられない。

 判定は3−0で睦。RIZIN初戦を快勝で飾った。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・キック世界王者の江幡睦が9.27初参戦「弟vs那須川戦で動かされた」RISE1位・良星と対戦

・那須川天心が江幡塁を3度倒し圧勝、日本人頂上決戦を1RKOで制する

・江幡睦と塁が親友・三浦春馬を追悼、10年前にも共にリングイン

・江幡塁が親友・三浦春馬に捧げる勝利「輝き続けることが一番(春馬が)喜ぶ」

・那須川天心、皇治が計量パス「明日は次元を超えた力出す」(那須川)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別