TOP > 試合結果個別

【RIZIN】RENA、富松恵美に勝利もMMA引退示唆

2020/09/27(日)UP

富松恵美のグラップリングに苦しむも勝利し、MMA引退宣言をしたRENA

RIZIN FIGHTING FEDERATION
『Yogibo presents RIZIN.24』
2020年9月27日(日)さいたまスーパーアリーナ

▼第5試合 スペシャルワンマッチ RIZIN 女子MMAルール:5分3R(53.0kg)※肘あり
○RENA(シーザージム)
判定3-0
●富松恵美(パラエストラ松戸)

両者リングインし名前をコールされる

 RENAは“絶対女王”として長くシュートボクシングのエースとして活躍してきたが、15年大晦日にRIZINでMMAデビューしてからはMMAを中心に活動し、レスリングの元世界王者・山本美憂にも勝利を収めた。昨年は6月にNYのマジソン・スクエア・ガーデンでリンジー・ヴァンザントに一本負けを喫するも、大晦日にマウントパンチでリベンジ勝利。コロナ禍により今回が今年初の試合となる。

 富松は柔術黒帯の寝技にキレのある打撃で長くDEEP JEWELSのトップファイターとして活躍。RIZINに参戦した石岡沙織にもチョークスリーパーで一本勝ちしている

RENAが得意のパンチで攻め込む

 1R、RENAは中央に立ち、ジャブを放ちながら前に出て富松をロープ・コーナーまで追い詰める。RENAは右ストレートから左ボディを繋げるが、まだ届かない。富松も組みつかんとするが、RENAに察知されてステップでかわされる。

 2R、組みついた富松はRENAをコーナーに押し込み、片足タックルに切り替えてテイクダウン。そこからマウントポジションとなる。RENAが振り落としても富松はすぐさまバックにつく。そしてRENAにリーパーを狙うが、残り30秒の段階でRENAが富松を下にする。立ち上がったRENAはジャンプしての踏みつけ、パウンドを見舞って終了となる。

富松が上になりパウンドを放ちRENAがピンチになる場面も

 3R、富松はRENAのパンチに合わせてタックルで組みつき、コーナーに押し込んでヒザ蹴りを浴びせる。しかしRENAは体を離すとワンツーから左ボディ。富松のタックル切るとRENAはグラウンドで上を取り、逆にアームロック、腕十字を狙う。しかし立ち上がってスタンド勝負を要求する。

 富松が再度タックルにきてもRENAはかわしてやはりスタンド勝負を要求。富松が引き込んできてもサッカーボールキック、踏みつけと見舞って試合を終える。

試合後に「RIZINはあと2〜3試合」とMMA引退を匂わせたRENA

 判定は3-0でRENA。実力者の富松を降し勝利したが、マイクを取ると試合ができる喜びと感謝を語った後、「RIZINで5年間お世話になり、楽しい・辛い時期を経験させて頂きましたが、あと2、3試合でこのリングから降りようかなと思っています。RENA最終章、もう少し頑張りますので、最後まで応援よろしくお願いします」とMMA引退が近いことを匂わせ、最後は「1、2、3、シュート!」の決め台詞で締めた。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・【RIZIN】榊原代表がRENAに出場呼びかけ「この場を借りて公開プロポーズします」

・【RIZIN】大会のテレビ放送・配信スケジュール=9.27さいたまスーパーアリーナ

・那須川天心、次の目標はボクシング世界王者、狙える階級には井上尚弥から悪童ネリ、ロマチェンコまで強豪多数

・【RIZIN】スダリオ剛(元貴ノ富士)、MMAデビュー戦をTKO勝利

・那須川天心vs皇治、朝倉海、RENA、スダリオ剛ら全選手が無事に計量パス=9.27さいたま

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別