TOP > 試合結果個別

【RIZIN】那須川天心、ダウン奪取ならず、皇治の打たれ強さに評価も

2020/09/27(日)UP

那須川が攻め続け快勝、しかし打たれ強い皇治にダウンは奪えず

RIZIN FIGHTING FEDERATION
『Yogibo presents RIZIN.24』
2020年9月27日(日)さいたまスーパーアリーナ 

▼メインイベント(第11試合)スペシャルワンマッチ RIZIN キックボクシングルール:3分3R
○那須川天心(TARGET/Cygames)
判定3-0 ※3者とも30-27
●皇治(TEAM ONE)

皇治のハイキック。隙を見て攻撃を出す。パンチが那須川にクリーンヒットしたときは期待させた

 皇治は熱いファイトと歯に衣着せぬトークでK-1を盛り上げた人気ファイター。7月に突如K-1からの離脱とRIZIN参戦を発表し、多くのファンを驚かせたが、8月9日の『RIZIN.22』でリングから解説席の那須川を名指しで呼び出し「神童を泣かせてやろうと思ってます」と対戦要求をしていた。

 那須川は7月に笠原友希を初回KOで降して以来、皇治は昨年11月に川原誠也を2RKOで破って以来の試合となる。 

那須川の膝蹴りが皇治にクリーンヒットする

 1R、那須川は開始から左ミドル、左ストレート、顔面ヒザとトップスピードで攻撃を繰り出していく。皇治たまらず組んで押さえる。那須川はさらに止まらず左ストレート、ヒザと皇治を攻める。跳びヒザを多用する那須川は皇治の左目上部をカット。皇治は那須川の猛攻の前に手が出ない。

 2R、那須川はフックからボディへのヒザを入れるが、皇治はここで引かずに右フックを返してヒット。皇治のローに那須川もローを返し、皇治は相打ちを狙って右フックを強振していく。那須川はバックステップして空間を作り、左ストレートを打ち込み皇治をフラつかせる。続けて跳びヒザを当てるが皇治は倒れない。那須川は左ストレート、右ストレートとさらに攻める。 

倒れなかった皇治、試合を終え顔を腫らしながらも互いを称える。

 最終3Rも那須川は左アッパー、左ハイ、顔面前蹴りと猛攻。さらに胴回し回転蹴りも放つが当たらない。那須川のボディへのヒザ、ボディフックを受けても皇治は倒れず、左フック、右フックと那須川を追う。さらに跳びヒザを放つ那須川だが、やはり皇治は倒れない。組み合いから那須川をマットに投げる。ダウンを狙う那須川はさらに跳びヒザ、左右フック、跳び蹴りと放つも皇治は倒れず試合を終える。

 判定は3者30-27で那須川。タフな皇治を倒せず、連続KO勝利を逃すも判定勝利した。テレビ解説、ゲストも一度もダウンをしなかった皇治の打たれ強さを評価した。

 勝利者インタビューに答えた那須川は「ちょっと試合前から煽られたりしてムカついていたところもあったんですけど無事に勝ててよかったです。熱いファイトができてよかったです。皇治選手はやっぱり打たれ強くて、もうちょっと冒険に行ってもよかったんですけど、やっぱり打たれ強かったです。今後も僕の試合、11月、12月と続くので見ていてください」と今年さらに続く試合へメッセージした。

●編集部オススメ

・那須川天心、皇治が計量パス「明日は次元を超えた力出す」(那須川)

・那須川天心、皇治に「勘違いすんなよ。リングの上なら喧嘩も買うよ」

・皇治「秘策は見せへん」と公開練習拒否、那須川天心を「泣かすことだけ考えてる」

・皇治がRIZINへ電撃参戦、K-1との契約解除「ファンに新しい景色を見せる」

・那須川天心、次の目標はボクシング世界王者、狙える階級には井上尚弥から悪童ネリ、ロマチェンコまで強豪多数

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別