TOP > 試合結果個別

【RISE】カウンターハンター・松谷桐が三日月蹴り駆使し、五冠王・鳩を下す

2020/10/11(日)UP

鋭いハイキックを飛ばす松谷

RISEクリエーション
『RISE DEAD OR ALIVE 2020 Yokohama』
2020年10月11日(日)神奈川・ぴあアリーナMM

▼第2試合 スーパーフライ級(-53kg)3分3R延長1R
●鳩(あつむ/TSK JAPAN/MuayThaiOpenスーパーバンタム級王者、WMC日本バンタム級王者)
判定0-3 ※29-30×2、28-29
○松谷桐(VALLELY KICKBOXING TEAM/NJKFフライ級王者、同級5位)

 鳩はムエタイルールで活躍するファイター。強烈なヒジやパンチを武器に、WMCインターコンチネンタルバンタム級王座をはじめ、ヒジ有りルールのベルトを次々に獲得、五冠を経験している。勝利のうち多くがKO、TKO勝利という強打者だ。
 対する松谷はデビューからわずか9か月でNJKFフライ級の王座を獲得。9戦無敗で突き進んでいたが、昨年7月仲山大雅に初黒星をつけられてしまった。現在は2連勝中だ。

 1R。オーソドックスでジャブを出しながらサークリングする鳩と、サウスポーでどっしり構える松谷。1R序盤、松谷の左ローキックが、鳩の金的に直撃し試合中断するも、1分後に再開される。
 鳩は時折サウスポーに変わりながら、ジャブからローキック。松谷はガードを上げながら詰めより、時折左の三日月蹴りを出しつつ圧力をかける。ラストに松谷が後ろ回しを出すも当たらず。互いに様子見のラウンド。

 2R、松谷がリズムを取り始め、ジャブも出し始める。鳩の右ミドルに松谷が右手の左ストレートを合わせる。1分過ぎ、鳩がワンツーから一気に詰め寄る。飛びヒザを連続で出すなど攻勢に出る鳩。松谷はカウンターを狙いながらパンチ、ヒザを入れる。左フックで一気に入る鳩に、松谷の三日月蹴りが入る。

 3R、左右のローで攻める鳩に、松谷が素早く踏み込んだフックのコンビネーションで返す。しかし即座に鳩も左右のフックで返す。互いに餌を出してからの、カウンターの取り合いか。接近戦になると、ムエタイファイターならではで組みがちな鳩。松谷のコンビネーションの中、スーパーマンパンチ気味の右フックが鳩に入る。意を決したように、右フックからの攻勢に回る松谷。鳩は鼻血を出す。
 松谷がミドルからパンチで入ると鳩が大ぶりフックで返し、さらに松谷のカウンターの左がヒットする。有効打は松谷か。 

 判定は3-0で松谷。フェイント合戦とカウンターの狙い合いの試合は、松谷がRISEランカーの意地を見せた。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・京口紘人が分析、那須川天心のスピードと皇治をKOできなかった理由

・魚井フルスイングがキック初参戦、“人獣”中村寛と強打者対決=11.1大阪

・原口健飛、こだわりの肉体で計量パス「良い感じに絞れた」と筋トレ効果実感

・女王・寺山日葵が計量パス、無敗の強豪erika♡に意気込み

・【RISE】人気グラドル清瀬汐希ら4名が新メンバー、2020ラウンドガール

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別