TOP > 試合結果個別

【RISE】原口健飛が強烈パンチを連打、1R圧倒のKO勝利でトーナメント制覇

2020/10/11(日)UP

原口が圧倒、1R KO勝利で優勝を決めた

RISEクリエーション
『RISE DEAD OR ALIVE 2020 Yokohama』
2020年10月11日(日)神奈川・ぴあアリーナMM

▼メインイベント(第13試合) RISE DEAD OR ALIVE 2020 -63kgトーナメント決勝戦 3分3R延長2R
●直樹(BRING IT ONパラエストラAKK/RISE WORLD SERIES 2020 -63kg出場決定トーナメント優勝)
KO 1R 2分54秒 ※右フック
○原口健飛(FASCINATE FIGHT TEAM/第6代RISEライト級王者)

原口(左)と直樹(右)が打ち合う

 63kg級トップファイター4名によるワンデートーナメント。1回戦で元RISEライト級王者の白鳥大珠をわずか90秒TKOで破った直樹と、同じく1回戦でSB日本王者・西岡蓮太を完封した現RISEライト級王者の原口健飛がトーナメント覇者の座を争う。

 1R、両者オーソドックス。原口が前蹴り、右ローでけん制し、直樹が右ストレートを出すとカウンターの左ボディを打ち込む。原口の強い右ミドルで直樹の脇腹がやや赤くなるが、直樹が右ストレートで反撃する。

原口の右フックが直樹を捉え崩れ落ちる瞬間

 ラウンド残り30秒に原口が二段蹴り。これは直樹がガードするが、続いた左ハイキックは浅くヒット。原口が左右フックで直樹をロープに詰めると原口の左右フックが直撃し最後は右フックで直樹は仰向けにゆっくりとダウン。立ち上がろうとする直樹だったが、10カウント内にファイティングポーズをとれず、レフェリーが試合をストップ。原口が圧倒的な攻撃力を見せつけ、見事なKOでRISE DEAD OR ALIVE 2020 -63kgトーナメントを制し、優勝賞金500万円を手にした。

優勝した原口は賞金500万円を手にした

 勝利後のリングで記念撮影が終わった原口は、マイクを握ると「白鳥君について言わせてください」と、ライバルと目されている白鳥の名を挙げ「白鳥君がいてくれたからここまで強くなれた。僕の前にはいつも白鳥君という邪魔者がいて、大きな壁があって。こいついつかシバいたろと思ってた」と、今日まで白鳥を目標としていたことを明かした。

 そして決勝での対戦が敵わなかったことに触れ「白鳥君また来年RISEの舞台でやりましょう」と対戦を要求し、2021年のRISEにおけるビッグマッチの実現を示唆した。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・【RISE】全試合結果=2020年10月11日

・[準決勝]白鳥大珠が90秒でTKO負けする波乱、直樹がヒザ一撃で決勝進出

・[準決勝]原口健飛が圧力とパワーで西岡蓮太を完封、直樹の待つ決勝へ

・原口健飛、こだわりの肉体で計量パス「良い感じに絞れた」と筋トレ効果実感

・”ジョーカー”直樹、白鳥戦への秘策は牛乳!?「1回戦で倒せば美味しい」=63kgトーナメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別