TOP > 試合結果個別

【ONE】22歳の王者クリスチャン・リーが初防衛に成功、無敗挑戦者ラピクスをパウンド葬

2020/10/31(土)UP

強烈なパウンドを連打しKO勝利するリー(c)ONE Championship

ONE Championship
『ONE: INSIDE THE MATRIX』

2020年10月30日(金)シンガポール・インドアスタジアム

▼コーメインイベント(第5試合) ONE世界ライト級タイトルマッチ 5分5R
○クリスチャン・リー(シンガポール/王者)
TKO 1R 2分19秒  ※パウンド連打
●ユーリ・ラピクス(モルドバ/ランキング1位/挑戦者)
※リーが初防衛に成功

ラピクスの右フックがヒット(c)ONE Championship

 格闘一家に生まれ育ったクリスチャン・リー(22=シンガポール)は2015年12月にONEでプロデビュー。姉のアンジェラ・リーも現ONE世界王者(女子アトム級)であり、最強遺伝子を持つ22歳のファイターだ。2019年5月に青木真也に1R TKO勝利を収め、ライト級王座を獲得した。
 負傷欠場したエディ・アルバレスの代わりに出場した同10月のライト級GP決勝で、当時優勝候補だったザイード・フセイン・アサラナリエフ(トルコ)との激闘を制し、GP王者にも輝いた。戦績は14勝3敗。今回が初の防衛戦となる。

 対するユーリ・ラピクス(モルドバ)はチーム・ペトロシアンに所属する14戦無敗の最強グラップラー。
 2019年5月にONE参戦して以来まだ2試合しか行ってないが、今年2月に元ONEフェザー級王者のマラット・ガフロフ(ロシア) を相手に1R バックチョークで一本勝ちした事からリーの挑戦者に相応しい存在と注目されていた。MMA戦績14戦全てフィニッシュ勝利を収めている。

(c)ONE Championship

 1R、試合開始すぐに飛び出したのはリー。ラピクスの右のフックを被弾し、ヒザをつきながらテイクダウンを奪うが、立ち上がったラピクスがすぐに払腰でテイクダウン。
 ハーフを取られるリーだが、ブリッジから立ち上がり、今度は強引に小外掛からテイクダウン。マウントを取るリーに対し、ラピクスがTKシザースから足関節を狙う。
 しかし、素早く体を回転させバックを取るリーは、亀状態になったラピクスにパウンド連打。ラピクスの動きが止まったのを見たレフェリーが試合を止めた。リーは初防衛に成功した。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・【ONE】青木真也、クリスチャン・リーにパンチでTKO負けし王座陥落=19年5月

・【ONE】“妊娠休養”する王者アンジェラ・リー、王座返上を要求するザンボアンガに反論「ベルトは自らの手で獲るもの」

・【テレビ】井上尚弥vsモロニ―、生放送&地上波テレビ放送情報=11.1

・【バトルハザード】今成正和と岩本健汰がグラップリング対決、サップ戦アピールの平が無差別級で関根シュレックと激突

・【修斗】青木真也がマッチメイクした「清水清隆vs平良達郎」遂に実現、激闘王・石橋が論田と激突=11.23

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別