TOP > 試合結果個別

【ONE】タン・リーのアッパーが顔面に炸裂、逆転KO勝ちで新王者に! ニューイェンは王座陥落(動画あり)

2020/10/31(土)UP

リーが大逆転KO勝利で新王者となった。(c)ONE Championship

ONE Championship
『ONE:INSIDE THE MATRIX』
2020年10月30日(金)シンガポール・インドアスタジアム

▼第4試合 ONE世界フェザー級タイトルマッチ  5分5R
●マーティン・ニューイェン(ベトナム・オーストラリア/王者)
KO 3R 2分36秒
○タン・リー(米国/ランキング3位/挑戦者)
※リーが新王者に

圧力をかけるニューイェンにカウンターのパンチで返すリー(右)(c)ONE Championship

 マーティン・ニューイェン(31=ベトナム・オーストラリア)はONEで同時2階級を制覇したコンプリートファイター。戦績は13勝3敗。2019年8月に松嶋こよみを2R TKOで下し、3度目の防衛に成功した。

 ニューイェンの4度目の防衛に、立ちはだかるタン・リー(35=米国)は元LFAフェザー級王者。戦績は11勝2敗。2019年5月にONE参戦して以来、現在負けなしの3連勝中。日本勢では、元ONEライト級世界王者の朴光哲、高橋遼伍を共に1R KOで破っている。

(c)ONE Championship

 1R、サウスポーに構えるタン・リー、右構えのニューイェンはセンターを取り圧力をかけるとリーは大きくサークリング。テコンドーのバックグラウンドを持つリーはサイドキックを何度も放つ。
 圧力を強めるニューイェン、両者ともに一発が当たれば、倒れる打撃を出し続けるスリリングな攻防だったが、リーの右ローがニューイェンの下腹部に当たり試合が一時中断する。

2Rには強烈なプレッシャーで距離を潰しにかかるニューイェンだが、リーはカウンターパンチで返す。さらにヒット&アウェイをしたかと思えば動きを止めるなどする不規則なペースチェンジのリーに、ニューイェンが攻め切れない。

フィニッシュのリーの右アッパー、ニューイエンの顔面に食い込む(c)ONE Championship

 3R、序盤から更に強い圧力をかけるニューイェン。徐々にヒット&アウェイの動きに疲れが見え始めるリー。失速し始めたリーに、ニューイェンのパンチがヒット。
 窮地に立たされたリーだが、そこから当て勘が高いとの前評判通りにリーの右のカウンターパンチがヒット。リーの連打から右のフックでニューイェンが崩れると、レフェリーが試合をストップ。ONE4戦目のリーが大逆転で新王者に輝いた。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・21歳の王者クリスチャン・リーが初防衛に成功、無敗挑戦者ラピクスをパウンド葬

・【ONE】“妊娠休養”する王者アンジェラ・リー、王座返上を要求するザンボアンガに反論「ベルトは自らの手で獲るもの」

・【ONE】ミャンマー英雄・ンサンがミドル級王座防衛に失敗、寝技師デ・リダーが衝撃の1R一本勝ち

・【テレビ】井上尚弥vsモロニ―、生放送&地上波テレビ放送情報=11.1

・王者ニューイェンに挑むKO率85%の挑戦者タン・リーが自信「彼はついて来られない」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別