TOP > 試合結果個別

【K-1】元ボクシング世界王者・山田真子、パンチ連打の“山田タイム”で圧倒勝利

2020/11/03(火)UP

パンチで攻めまくる山田(右)

K-1実行委員会
『ECO信頼サービス株式会社 PRESENTS K-1 WORLD GP 2020 JAPAN』
2020年11月3日(火・祝)福岡国際センター

▼第4試合/スーパーファイト/K-1女子アトム級/3分3R・延長1R
○山田真子(日本/KINGS)
判定3-0 ※30-29、30-28×2
●優(日本/北斗会館押上道場)

 山田は2010年12月に16歳でJ-GIRLS王座を獲得。その後ボクシングに転向し、WBO女子世界ミニフライ級王座を獲得。2014年12月からキックボクシングの試合をしていなかったが、昨年11月に約5年ぶりに復帰し、JKファイターMOEから判定勝利している。

 対する優は、Krushのリングで2017年から活躍。18年は連敗するも、昨年11月にはチャン・リーに判定勝利を収めた。今年7月には『第3代Krush女子アトム級(-45kg)王座決定トーナメント』に参戦、準決勝で菅原美優に判定で敗れるも、前に出る姿勢が評価されていた。

 1R、ジャブで牽制しながらパンチ主体で攻める優に、左右のローキック、ミドルと蹴りを入れていく山田。
 終盤、山田が接近戦に入り、大振りの左右フックで攻めると、優は防戦になりロープへ詰められる。

 2R、山田は下がりながらのサークリングでロー主体。接近しパンチに入る距離を狙う。
 優のワンツー終わりを狙って山田が入ると、凄まじいラッシュで顔、ボディと連打。優は防戦一方に。これが10秒以上続き、山田が優勢の印象。
 離れると、優は前蹴り、横蹴りでけん制。山田が優のストレートパンチの引き際を狙ってまたも入り込む。山田の連打が止まらない。雨あられの被弾に苦しむ優が、起死回生を狙ってバックハンドを出すと、山田も同じ技で返す。ラスト20秒、またもパンチ連打の“山田タイム”へ。山田の一方的な攻勢のまま、ゴングへ。

 3R、山田が距離を取り、ローキックを入れる。ラッシュの力を溜めているのか。優もミドルで応戦するが、鼻血が出始める。優のローキックが山田の下腹部にヒットし、タイムストップ。
 ラスト1分、山田が圧力を強め、パンチで攻めると右ストレートがヒット。防戦の優がつかみの注意。最後は優が蹴りでけん制し、山田が入りきれずにゴング。山田は悔しげに拳を振り下ろした。

 判定は30-29、30-28×2で山田が勝利。山田が復帰後2連勝を決めた。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・優、元ボクシング世界王者・無敗の山田真子に「負けることなくテクニック見せる」=前日計量

・女子高生王者・山田真子が初防衛に成功=2011年11月(ページ下段)

・壽美「覚悟バッチリ、骨が2~3本折れていい」決死の覚悟で女王KANAに挑む=前日計量

・20歳になった菅原美優が計量パス「美容学生としての最後の試合、勝ちに行く」

・【福岡大会のラウンドガール】ロンハー出演グラドルの小島みゆ決定で、今年度ラウンドガール6名全員揃う

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別