TOP > 試合結果個別

【K-1】壽美が大号泣の勝利、憧れの女王・KANAに日本人として初の土をつける

2020/11/03(火)UP

左ストレートを当てる壽美

K-1実行委員会
『ECO信頼サービス株式会社 PRESENTS K-1 WORLD GP 2020 JAPAN』
2020年11月3日(火・祝)福岡国際センター

▼第9試合/スーパーファイト/K-1女子フライ級/3分3R・延長1R
●KANA (日本/K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)
判定0-3 ※28-29、29-30×2
〇壽美(日本/NEXT LEVEL渋谷)

 KANAは、“クラッシャー・クイーン”の異名を持ち、女子選手離れした攻撃力で第2代・第4代Krush女子フライ級王座に輝いた。18年にはK-1デビューを果たし、その翌年12月に念願の初代女子フライ級王座決定トーナメントが開催されると、1日2試合を勝利し、王座を戴冠した。今年の3月には海外の強豪にKO勝利し、絶対王者を証明している。

 対する壽美は、17年よりKrushに参戦して、着実に実績を作ってきたファイター。サウスポーから繰り出される左ストレートなど、威力のある打撃が持ち味だ。昨年8月にヨセフィン・ノットソンに敗れて以来、2連勝中と波にのる。

前蹴りを繰り出す壽美

 1R、サウスポーの壽美が序盤からミドル、ハイ、バックハンドと大技を出していく。KANAは前後にステップを踏み、ジャブからロー、ハイキックも。
 KANAの入り際に、壽美の左フックがヒットする。さらにバランスを崩したKANAに壽美の左パンチが連続でヒット。しかしスピードはKANAか、ボディからの右フック、インローをヒットさせる。
 ラストは壽美をロープ際に詰め、大振りフックをヒットさせるKANA。

 2R、KANAが圧力を強める。壽美が左ミドルからの左ストレートを繰り出す。前足へのインロー、アウトローをヒットさせるKANA。
 壽美は右手を前に出し、周り込みながら前蹴り、左ストレートを出しKANAを中に入れない。右ボディを入れるKANA。しかしKANAのローに合わせた壽美の左ストレートが当たる。

勝利し喜びを爆発させる壽美

 3R、壽美が前蹴りからストレートで前に出る。KANAはローから中に入り、大ぶりの右フックを当てる。前に出るKANAに、角度を変えながら下がる壽美がストレートを連続ヒット。
 ラスト1分、壽美がアッパーからバックブローをヒット。ラスト30秒、焦ったかのようなKANAの大ぶりフックが空を切る。ラスト10秒KANAが右を当てるも、壽美は崩れず前蹴り、ストレートを返す。ここでゴング。

嬉し泣きしながらベルト挑戦をアピールした

 判定は29-28壽美、30-29×2壽美で、壽美が大番狂わせの勝利を獲得した。勝利判定を聞くと、壽美は感極まり叫んで跳ねまくる。泣きながら同門の紅絹らと抱き合った。

 マイクでは嬉し泣きをしながら「今回自分のジムのメンバーや、家族、スポンサーの人たちが勝つと信じてくれました。だから絶対に勝ちにいくと決めてこの大会に挑めました。大好きなみんな、ありがとうございます。私はそろそろベルトがほしいです。そのためにもチャンスもらえるようにもっともっとがんばります」とKANAの持つベルト挑戦をアピールした。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・壽美「覚悟バッチリ、骨が2~3本折れていい」決死の覚悟で女王KANAに挑む=前日計量

・女王・KANA、プロ野球式トレで「どの距離でも強い攻撃打てる」と進化実感

・元ボクシング世界王者・山田真子、パンチ連打の“山田タイム”で圧倒勝利=本日の試合

・KANAが右フック一閃、ISKA女王から1R失神KO勝利

・20歳になった菅原美優が計量パス「美容学生としての最後の試合、勝ちに行く」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別