TOP > 試合結果個別

【K-1】K-Jeeが巨人・カリミアンを初回KO葬、新王者に

2020/11/03(火)UP

ハイキックを繰り出すK-Jee

K-1実行委員会
『ECO信頼サービス株式会社 PRESENTS K-1 WORLD GP 2020 JAPAN』
2020年11月3日(火・祝)福岡国際センター

▼第10試合/K-1 WORLD GPクルーザー級タイトルマッチ/3分3R・延長1R
●シナ・カリミアン(王者/イラン/POWER OF DREAM)
KO 1R 1分54秒
◯K-Jee(日本/K-1ジム福岡チームbeginning)
※K-Jeeがクルーザー級新王者に

 カリミアンは、18年に初代K-1クルーザー級王座決定トーナメントで優勝し、同級王者となった。しかし、19年8月にスーパーファイトで愛鷹亮と対戦し、右フック一撃でKO負け。その後ジム移籍を果たし、今年の3月に自身が保持するクルーザー級王座をかけて愛鷹亮とタイトルマッチで再戦して、リベンジと2度目の防衛を果たした。

 対するK-Jeeは、19年1月に開幕した初代Krushクルーザー級王座決定トーナメントを、全3試合でKO勝利し王座に就いた。同年12月のK-1名古屋大会では加藤久輝に敗戦したが、今年3月には自身の王座をかけてリベンジマッチに挑み、KO勝利で防衛を果たしている。

身長2メートルの巨人・カリミアンがバッタリとダウン

 両者は、18年に初代K-1クルーザー級王座決定トーナメントの準決勝で対戦し、その時は、カリミアンが判定勝利を収めている。

 1R開始後、カリミアンがいきなりバックブローを放つと、K-Jeeは飛び込んで強烈ボディ連打からの左フックを放つ。離れては、すぐさまK-Jeeがハイキックで入り込み、腹から顔へと全力連打。グラつくカリミアンだが、倒れない。“効いてない”とばかりに動きを止め構えを下げるが、K-Jeeは容赦なくローからノーガードの顔面を強打。右ストレートがモロに入り、ついにカリミアンがダウン。

K-Jeeがカリミアンの顔面を滅多打ち

 立ち上がったカリミアンだが、自分が倒れたことを理解していないかのような素振り。再開されると、K-Jeeがとどめとばかりに顔面を滅多打ち。カリミアンは反応が鈍く、反撃出来ず。セコンドからタオルが投入され、K-Jeeが衝撃勝利でリベンジを果たし、新王座を奪い取った。
 コーナーに駆け上り、声にならない声で吠えるK-Jee。

 K-Jeeはマイクで「今日は文化の日で、九州の選手が九州で格闘技を盛り上げてくれて。来年も再来年も文化の日はK-1福岡で九州の格闘技祭りとして定着してくれたら嬉しいと思います。今日10名以上の九州の選手が出てて、チャンスや機会があればもっと育つと思うし。K-1、KHAOSやKrushもどんどん九州でイベント開いてくれれば、間違いなく九州からスターが生まれると思います」と地元愛に溢れる大会開催をアピール。

 さらに「今回チャンピオンになって、一つの夢が叶えられました。K-1は色んな階級があって、(自分たちの階級の試合は)でかいし面白いと思うけどまだまだ選手のレベルも低くて、軽量級の選手に負けてるんで、層の熱い階級にしていきたいと思います」と熱く語った。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・Krush王者K-Jee、巨人カリミアンの「武器を削る!」牙城崩しに自信

・王者カリミアン、K-Jeeとの一戦はタイトル戦に昇格、V3かけ”準備に入る”=11.3福岡

・壽美が大号泣の勝利、憧れの女王・KANAに日本人として初の土をつける=本日の試合

・20歳になった菅原美優が計量パス「美容学生としての最後の試合、勝ちに行く」

・ロンハー出演グラドルの小島みゆ決定で、今年度ラウンドガール6名全員揃う

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別