TOP > 試合結果個別

【ONE】若松佑弥が右ストレート一閃、僅か106秒のKO勝利「次戦もKOしてタイトル戦に挑戦したい」(動画あり)

2020/11/06(金)UP

1年ぶりの復帰戦を僅か106秒KO勝利で決めた若松

ONE Championship
ONE:INSIDE THE MATRIX II
放送日時:2020年11月6日(金)
会場:シンガポール・インドアスタジアム
Photo=(c)ONE Championship

3試合 ONE MMAフライ級 53R
キム・キュサン(韓国/Evolve MMA
KO 1R 146秒(右ストレート)
若松佑弥(日本/TRIBE TOKYO M.M.A /ランキング4位)

 若松佑弥(25=TRIBE TOKYO M.M.A)はパンクラス9勝1敗の活躍で2018年9月からONEに参戦。フィリピン強豪のダニー・キンガド(フィリピン)、元UFCフライ級王者でONEフライ級GPを制したデメトリアス・ジョンソン(米国)と2連敗したが、19年8月に元ONEフライ級王者ジェヘ・ユスターキオ(フィリピン)に右ストレートKO勝ちを収め、試合後にONEチャトリ代表から「将来、世界王者になれる」と大きな期待を寄せられた。現在、ONE公式ランキング4位。戦績は12勝4敗。

右ストレート一閃、キムをKOした若松

 対戦相手のキム・キュサン(28Evolve MMA)は、フライ級には稀な180cm近い長身を武器に戦うストライカー。20195月にONEに参戦し、初戦でユスターキオに判定負けしたものの、同11月に藤澤彰博から1R KO勝利を飾った。戦績は103敗。

 1R、オーソドックスの両者。槍を突くような左ジャブの若松。若松は足を使いサークリングするが、長身でリーチ差を優位に使うキムはどっしりと構えプレッシャーをかける。ジャブで踏み込む若松だが、逆にキムの左ジャブを受ける。
 サークリングと出入りでリズムを作る若松。キムが前進しながら距離をつめ、ロー、ハイを蹴っていく。キムが右を放つ瞬間、タイミングを見切った若松が右ストレート一閃。
 完璧なタイミングの当たりに、キムは腰から崩れ落ち、若松が追撃のパウンドを数発入れたところで、レフェリーがストップした。

一瞬のKO劇、キムが倒れた後もパウンドで追撃する若松

 1年ぶりの試合を僅か106秒で勝負を決めた若松は、勝利者マイクで「1年間試合できなくて、今まで自分が強くなったのか、すごい自問自答していた。最後一発いいのが当たった。相手のキムも気合が入っていて、(自分も)いいのもらった。とりあえずKOできて、最高に嬉しい」と喜びのコメント。
 次戦についての質問を受けると「リース・マクラーレン選手とやってKOして、その後タイトルマッチに挑みたい」と意気込んだ。

▶︎次ページは、若松佑弥が完璧なタイミングの右ストレートでキムをKOするシーン

●編集部オススメ

・【ONE】全試合結果=2020年11月6日

・【ONE】鹿児島の不良だった若松佑弥、元UFC王者に「勝って、成り上がります」

・【ONE】ミャンマー英雄・ンサンがミドル級王座防衛に失敗、寝技師デ・リダーが衝撃の1R一本勝ち

・【ONE】若松佑弥がユースタキオに鮮烈な1RKO勝利で再起を果たす

・【ONE】若松佑弥が長男誕生もコロナ警戒し家族と別居、打倒DJ目指す一人暮らし語る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別