TOP > 試合結果個別

【RIZIN】麻原将平、ハードパンチャー山口侑馬を終了1秒前の劇的KO

2020/11/21(土)UP

パンチで襲いかかる麻原

RIZIN FIGHTING FEDERATION
『RIZIN.25』
2020年11月21日(土)大阪城ホール

▼第1試合 RIZIN キックボクシングルール:3分 3R(63.0kg)
●山口侑馬(山口道場)
KO 2R 2分59秒 ※左フック
〇麻原将平(パウンドフォーパウンド)

ハイキックを繰り出す山口

 麻原は15年のプロ生活で、40戦のキャリアを積み重ねる36歳。ホーストカップ元日本スーパーライト級王者の麻原、RISEではライト級4位にランクされる。前戦の今年8月のRISEではメインで同級1位の秀樹(新宿レフティージム)に3R KO負けを喫しており、再起をかける。
 対する山口はキックのInnovationライト級王者で第4代DEEP☆KICK60kg級王者のハードパンチャーの25歳。激戦が予想された。

 1R、開始から両者は打ち合いを展開。山口は左右フックにローとカーフキックで迫る。麻原もしかしローを返し、次第に距離感を掴んだか左フックで連続で山口をとらえフラつかせる場面を作る。

鬼の形相でパンチを放つ麻原

 2R、前に来る山口に麻原はジャブを入れストップせんとする。山口はしかしジャブを浴びても前に出てロー&カーフキック。だが、やはり距離を掴んでいる麻原がこのラウンドも左フックを当てていく。

 3R、麻原はこのラウンドもジャブを当て、距離を作って山口の左右フックに空を切らせる。このまま判定決着かに思われたが、麻原は右ストレートから繋いだ左フックで山口をダウンさせる。残り時間は少なかったが、麻原は一気に畳み掛け、再び左フックで山口を倒し、終了1秒前の劇的決着となった。

☆この試合の全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・【RIZIN】朝倉海が兄・未来の王座戦に「今の兄貴はマジで強い」とKO予想

・【RIZIN】全試合順決定、メインは朝倉未来vs斎藤裕の王座決定戦=11.21大阪

・【RIZIN】テコンドー王者・江畑秀範が参戦、派手な足技でKO宣言=18年には菊野克紀にも勝利

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別