TOP > 試合結果個別

【RIZIN】大雅、連敗脱出の判定勝利で皇治戦アピール

2020/11/21(土)UP

気迫の表情でパンチを打ち込む大雅(左)

RIZIN FIGHTING FEDERATION
『Yogibo presents RIZIN.25』

2020年11月21日(土)大阪城ホール

▼第5試合 RIZIN キックボクシングルール:3分 3R(60.5kg)
〇大雅(TRY HARD GYM)
判定3-0 ※三者とも30-28
●山畑雄摩(NJKF心将塾)

 大雅は元K-1スーパー・フェザー級王者として18年9月にRIZIN初参戦を果たすも苦戦が続き、現在は3連敗。ここから10連勝を目標にすると語り、今回その第一歩となる連敗脱出の白星を目指す。

 山畑はダイエット目的でジムに通い始めるも、そこからキックの魅力に取りつかれてプロとなり、ここまで20戦のキャリアを積むとともにDEEP☆KICK -63kg第3代王者に。大物・大雅食いを狙う。

左ハイを当てる山畑

 開始前から山畑を睨みつけ、やる気を見せた大雅がローで先制。山畑もしかしビッグネームの大雅に臆することなく前に出てロー、左ハイと当てる。大雅もしかし、ひるまず右フック、左ストレートと攻める。

 2R、大雅はフットワークを駆使して山畑の周囲を回る。そしてそこからジャブを放ち、跳びヒザ、ロー、飛び込んでの右ボディフックと攻撃を散らす。大きなダメージこそ負わない山畑だが、大雅のステップを追えず有効な攻撃を見舞えない。

kへlはlh 3R、山畑は前進を強めていくが、大雅はやはりフットワークからジャブ、左ストレート、右フックと攻撃を重ねる。大雅は距離感を掌握し、山畑のパンチに空を切らせる。そしてさらに右ボディフックにボディへのヒザ、右フックに左ストレートとヒットを上げ終了のゴングとなる。

 判定は三者30-28で大雅。3連敗から脱する勝利を得ると、「怪我もないので年末もう1回やらせてください。皇治選手、相手決まってるんですか?」と大晦日での対戦をアピールしリングを降りた。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・前田日明がスランプの元K-1世界王者・大雅に痛烈ダメ出しもアドバイス

・皇治、”新たな挑戦”をぶち上げる「ボブ・サップやチェ・ホンマン、大きいヤツに挑む」

・朝倉海が兄・未来の王座戦に「今の兄貴はマジで強い」とKO予想

・【RIZIN】大会のテレビ放送・配信スケジュール=11.21大阪城ホール

・那須川天心が“必殺技”バックキック極意を伝授(動画あり)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別