TOP > 試合結果個別

【RIZIN】萩原京平、内村洋次郎を衝撃の22秒KO葬

2020/11/21(土)UP

萩原の右ストレート

RIZIN FIGHTING FEDERATION
『RIZIN.25』
2020年11月21日(土)大阪城ホール

▼第6試合 RIZIN MMAルール:5分 3R(66.0kg)※肘あり
●内村洋次郎(イングラム)
KO 1R 0分22秒 ※右ストレート
◯萩原京平(SMOKER GYM)

前のめりにダウンする内村

 15年のキャリアを誇る内村はZST初代フェザー級チャンピオン。MMAだけでなくKrushやシュートボクシング、RISEといったリングでキックボクサーとしての試合も経験しており、8月のRIZINは怪我で欠場となったが、仕切り直して今回初出場となる。

 萩原はアマチュア大会を経てプロデビューすると、地元・大阪を中心に経験を積み、8月の「RIZIN.22」でRIZIN初参戦。下馬評を覆して白川陸斗に3R TKO勝利を収めた。続く9月の「RIZIN.24」では芦田崇宏に一本負けを喫したが、早くもRIZIN3戦目となり再びの勝利を狙う。

 開始すぐに萩原はバックスピンキックを放ち、さらに続けて攻めると右ストレートをヒットさせ効かす。萩原は内村を追って逃がさず、内村が左パンチを放たんとしたところを右ストレートのカウンターでとらえ、22秒でノックアウトした。

 快勝した萩原は地元の勝利を喜びつつファンの応援に感謝し、「今日のメインで自分の階級のタイトルマッチがあって、どっちが勝っても関係ないんですけど、来年絶対俺が巻いてるんで、みんな見ててください」と宣言し笑顔で花道を後にした。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・朝倉未来と練習する白川陸斗、朴光哲に逆転KO勝利

・【RIZIN】皇治、”新たな挑戦”をぶち上げる「ボブ・サップやチェ・ホンマン、大きいヤツに挑む」

・【RIZIN】大雅、連敗脱出の判定勝利で皇治戦アピール

・逆転TKO負けの朴光哲、引退は未定も「貴重な枠を有望な若者に譲っていきたい」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別