TOP > 試合結果個別

【RIZIN】DEEP王者・住村竜市朗、レッツ豪太を判定で制しRIZIN初勝利

2020/11/21(土)UP

強烈なパンチで攻める住村(右)

RIZIN FIGHTING FEDERATION
『RIZIN.25』
2020年11月21日(土)大阪城ホール

▼第8試合 RIZIN MMAルール:5分 3R(77.0kg)※肘あり
〇住村竜市朗(TEAM ONE)
判定2-1
●レッツ豪太(総合格闘技道場コブラ会)

 竿本はレスリングでシドニー五輪に出場した宮田和幸に師事する現ZSTフライ級王者。8月の「RIZIN.23」で中村優作を左スイングフックでマットに沈め、RIZIN連勝を期する。
 対する北方はパンクラス軽量級の絶対王者・砂辺光久を昨年7月に破りストロー級王者となった選手。今回がRIZIN初出場となる。

ヒザ蹴りを突き上げる豪太

 1R、オーソドックスの住村にサウスポーの豪太、ケンカ四つの両者はまずローとパンチで探り合いを展開。拮抗した展開がそのまま続くが、残り1分半を切り住村が左右の連打を出しながら前に出て組みつき、距離を広く取り打撃で探り合う。ローと飛び込んでのパンチを放つ豪太に対し、住村は身長とリーチ差を活かしたストレートを伸ばしていく。
 残り1分20秒で前に出た住村は左フックと右ストレートを強振して迫り、そこから組んで豪太をテイクダウンせんとする。だが、ここは展開を進めることができずレフェリーにブレイクを命じられる。

 2R、豪太が放ったハイキックの直後に住村は組んで出てテイクダウン。豪太はしかし倒されるも逆に足関節を狙い、住村は足を引き抜き立ち上がって逃れる。ラウンド中盤から後半は両者互いに警戒して大きな展開を作れない。

 3R、両者組み合いとなるもそこから進むことができず、レフェリーがブレイクする展開が2度続く。しかし住村は再度タックルに出てテイクダウンに成功。だが豪太のハーフガードに捕まりレフェリーにブレイクされてしまう。再開後、住村はすぐ片足タックルに入り、豪太の攻め手を封じる中でゴングとなる。

 判定は割れたあとで最後の1人が住村を支持し2-1で勝利。住村は3度目のRIZINで遂に初勝利を得た。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・皇治、”新たな挑戦”をぶち上げる「ボブ・サップやチェ・ホンマン、大きいヤツに挑む」

・リオ五輪レスリング銀・太田忍がMMA転向を表明、大晦日デビューの相手は所英男

・ソウザとクレベルの“豪華”柔術デモ、クレベルがフェザー級ベルト奪取宣言

・萩原京平、内村洋次郎を衝撃の22秒KO葬

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別