TOP > 試合結果個別

【ONE】元K-1王者グレゴリアンが逆転KO勝利、デビュー戦に悶絶レバー打ちが炸裂!

2020/12/05(土)UP

ONEデビュー戦でKO勝利を飾った元K-1世界王者グレゴリアン(左)

ONE Championship
『ONE: BIG BANG』
2020年12月4日(金)シンガポール・インドアスタジアム

▼メインイベント 第7試合 フェザー級キックボクシング 3分3R
○マラット・グレゴリアン(アルメニア)
KO 2R 1分52秒 ※左ボディショット
●イヴァン・コンドラチェフ (ロシア)

母国アルメニアの国旗をまといリングインするグレゴリアン

 元K-1世界王者のマラット・グレゴリアン(29=アルメニア)は-70kgで世界トップレベルの実力を誇る選手。2015年7月の『初代K-1 WORLD GP -70kg(現スーパー・ウェルター級)王座決定トーナメント』は3試合連続のKO勝ちで制覇している。
 17年のKunlun Fightで開催された16人制の世界トーナメントでは、スーパーボーン・バンチャメーク(タイ)を1Rわずか29秒でマットに沈め優勝。昨年5月にライバル関係にあったシッティチャイ・シッソンピーノン(タイ)とGLORYライト級王座決定戦を争い、判定勝利を収め王座獲得した。
 直近の試合は昨年12月の『GLORY73』でエルビス・ガシ(米国)をKOで下し、王座防衛に成功。
 今年8月にONEと契約し、今回、Vityaz Fight Teamに所属するイヴァン・コンドラチェフ(ロシア)と対戦する。決して落とすことのできない戦いだ。

1Rにまさかの展開。パンチの交差でグレゴリアンが衝撃のダウン!

 1R、グレゴリアンがオーソドックス、コンドラチェフがサウスポー。大きく左右のパンチを振っていくコンドラチェフ。ハイガードでパンチを受けつつも徐々に距離を積めるグレゴリアン。積極的に攻め手数の多いコンドラチェフ。右ロー連打のグレゴリアン。
 右のジャブを突き刺すように放ち、左のストレートも出すコンドラチェフ。固いディフェンスのグレゴリアンがさらにプレッシャーを強める。グレゴリアンのハイガードに左右のボディを大振り気味に放つコンドラチェフ。
 接近戦、お互いのパンチが交差。コンドラチェフの右フックがグレゴリアンの顔面にクリーンヒット! グレゴリアンがまさかのダウン。すぐに立つが、ダメージが見てとれる。ONEのリングには魔物が住んでいるか。

強力なローで相手を崩すグレゴリアン(右)

 2R、ダウンを取られすぐに勝負を仕掛けるグレゴリアンが強引に距離を詰め、序盤からローで攻める。コンドラチェフの豪腕フックで体勢を崩すグレゴリアン。まだダメージが残っているか。
 一方でグレゴリアンの奥足狙いのローが明らかに効いているコンドラチェフ。しかし、グレゴリアンも先ほどのダメージが完全に抜けきれていない様子。強引に畳み掛けるグレゴリアン。ケージ側、グレゴリアンが強烈な左ボディショット。鋭利な角度でコンドラチェフのレバーに突き刺さり、苦悶の表情のコンドラチェフは立ち上がれず。

グレゴリアン(左)が逆転のKO勝利!

 激戦区のキックボクシングフェザー級の王座を狙うグレゴリアンが逆転のKO勝ちを収めた。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・【ONE】元K-1世界王者グレゴリアンが“負けられない”復帰戦へ、キック-70kg階級は世界トップ激戦!=12.4

・【ONE】試合結果速報中=2020年12月4日

・【ONE】SB・元K-1王者アンディ・サワーが復活、流れる連打で中国強豪ジャンに完勝

・【K-1】グレゴリアンが全試合KOで優勝=2015年

・全米人気の素手ボクシング大会で、わずか3秒の瞬殺KO劇!ベネットら人気MMA選手も出場

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別